南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遠山郷和田宿 殿町の茶屋 「ふじ姫饅頭」

遠山郷和田宿で美味いもの…といえば、殿町の茶屋ふじ姫饅頭」も有名です。
写真のとおり、そば饅頭とよもぎ饅頭の2種類。
材料はいずれも遠山産を使って、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。

CIMG2958.jpg

朝は早く、6時から当日に販売する分だけを作るそうで、7時前には店先に並びはじめます。
店に饅頭が並ぶのを待って買い求める旅の方もいらっしゃるそうで、当日分として仕込んだものを売り切ってお仕舞い。
あるとき飯田市内に住んでおられる知り合いの方が、午前中に立ち寄ってみたら、もう店が閉まっていたという話を聞きました。
それで、何とか手に入れるために、浜松に向かう途中、9時頃に寄り道してやっと手に入れたとか。
店を守っている地元との方々が、その日の片付けをしながら一休み。店内でお茶を飲んでいたところだったそうで、知人もお呼ばれしてお茶や手作りのお茶請をご馳走になったという話を聞きました。
そんなアットホームな雰囲気も、遠山郷ならではです。

そうしてみると、「幻の饅頭」たる由縁は、作れる範囲、仕込める範囲で決して大量生産しない方針と客人をもてなす心、こんなところにあるのかもしれません。
聞くところによれば、大々的な宣伝などしていないにも関わらず、噂が噂を呼んで…ということらしいです。クチコミのパワーなのでしょう。
秘密にしておきたくても、隠しようがありませんね。

CIMG2876.jpg

場所は、和田宿を見渡す丘の上、隣は遠山郷土館和田城ですから、すぐに分かると思います。

CIMG2869.jpg

先に「平成の名水百選」に認定された観音霊水とは目と鼻の先、徒歩で1・2分と近く、こちらの知名度が上がるとともに相乗効果でさらにお客さんが増えることでしょう。

ぜひ、観音霊水で淹れた遠山郷のお茶を頂きながら、「ふじ姫饅頭」をご賞味下さい。


大きな地図で見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。