南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いよいよ開幕しました! EURO2008

いよいよ始りました。EURO2008

【ポルトガル 2 - 0 トルコ】
注目カードは、クリスティアーノ・ロナウドを擁して4年前の雪辱に闘志を燃やすポルトガルと、これを迎え撃つトルコとの一戦です。
オープニングゲームといえば正式にはホスト国であるスイスとチェコの一戦なのですが、やはり目が行くのはこちらです。

さて、前半は五分五分の展開。ポルトガルはショートコーナーからのセンタリングをペペがヘディングでファイン・ゴール! かと思われましたが、しかし、判定はオフサイド。
C・ロナウドの惜しいFKなどもありました。

後半61分、ぺぺが高い位置のセンター付近で相手DFと交錯しながら、ヌーノ・ゴメスとのワンツー。
抜け出したペペがこれを決めてポルトガル先制。
C.ロナウドへのハード・アタックにより、彼が止められる場面が目立ってきていただけに、まさに値千金のゴールでした。

ロスタイムには左サイドから上がったC・ロナウドからモウティーニョ、そしてラストはラウル・メイレレスがダメ押しして、試合を決めました。

4年前にC・ロナウド自らのファウルからPKを与え、決勝戦を逃し、くやし涙を隠さなかった当時の19歳が、今大会の歴史に名前を刻むことができるか、こちらも注目してみたいと思います。

さて、そのレベルの高さと(ヨーロッパにおける…)人気において、ワールドカップを凌ぐといわれる「UEFA欧州選手権」です。
すべての試合をLiveで観戦することは、無理かもしれませんが…、いいえ、無理ですから、注目のカードを時々振り返ってみたいと思います。

フットボールファンの方も、そうでない方も、この特別な期間だけはお許し下さい。

とはいえ、観音霊水を汲んで来ることは忘れていませんから、ご安心を!

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。