南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第17回 中央構造線サイクリング大会

連日の猛暑も、昨日は一息ついた様子でしたが、今日はまた…もどってしまったようです。

さて、以前にお知らせしたおりました
「第17回 中央構造線サイクリング大会
ですが、当初の日程どおり、この26日、27日に開催されました。
詳しい様子などは、こちらにGoogle検索の結果を表示しておりますので、ご覧になってみてください。

 ⇒ 第17回 中央構造線サイクリング大会

検索結果の中には、開催予定の告知も含まれておりますので、記事の全部が実際の様子をレポートしたものではありません。予めご承知下さい。


ところで、今回の開催にあたっては残念なことにコース変更がありました。
予定では2日目の最終ゴール地点は南信濃のはずだったのですが、地蔵峠から飯田市上村の間で道路、つまりコースが災害のため不通となってしまったために、地蔵峠の折り返しコースに変更になりました。
天災の致すこと…、致し方ありません。南信濃の人間としては、ぜひゴールする皆さんを迎え入れたかった…。

変更になったコースですが、前日に大鹿村に入った一行は、27日には大鹿村をスタート。地蔵峠で折り返し、大鹿村福徳寺のチェックポイントで給水・記念写真撮影・昼食。
その後、河合のチェックポイントを経て大鹿村交流センターにゴール! となったそうです。

ただ、多少のコース変更はありましても、猛暑の中を南アルプスの大自然に懐深く抱かれ、参加者の皆さんたちが南信州を満喫されている様子が、迫力満点…ブログに描かれています。
沿道で応援された方のブログを読ませて頂きましたが、臨場感に溢れています。

それらを読ませて頂くにつけ、心意気だけでも
「次回こそは!」
そうありたいと思っています。

さて、再びサイクリング愛好者の皆さんが南信州に集うであろう次回に期待しながら、参加者の皆さん、そして、大会関係者の皆さん、たいへんご苦労様でした。
今度は南信濃でお迎えできることを祈っております。

どうか、来年もまた南信州にお越し下さい!

<完>

スポンサーサイト

PageTop

【続報】  第17回 中央構造線サイクリング大会の参加申し込みについて

先にお知らせをしておりました今年の「中央構造線サイクリング大会」について詳細をお知らせします。
今年で第17回を数えるのですね。
今さらのごとく、歴史を感じます。

さて、開催日程ですが次のとおりです。
2008/7/26 (土) ~ 7/27 (日)

申込期間は 2008年05月19日 ~ 2008年07月22日まで。

受付が始まってから、随分と時間が経ってしまっています。
情報提供が遅くなり、誠に申し訳ありません。
(既に申し込まれた方もいらっしゃるのでは…?)

なお、コースその他、詳しい内容につきましては、次のリンクをご参照下さい。

 ⇒ 大鹿村観光情報ホームページ
 ⇒ 第17回中央構造線サイクリング大会

今年からインターネットでの参加申し込みが可能になったとのことです。
こうした材料を基にして、さらに遠山郷が盛り上がるといいですね!
期待しています。

PageTop

中央構造線サイクリング大会のこと

昨年は7月の最終週の土曜日、日曜日に行われました。
健脚に自信あり…ご参加された方はいらっしゃいますか?

今年も開催されると期待しているのですが、さっそく資料をあたってみたいと思います。
入手でき次第にお知らせします。

ちなみに、前回のコースでは、ゴールが当地遠山郷の「かぐらの湯」でした。

ただ、では、せっかくの機会ですから、簡単にご説明しておきましょう。

この「中央構造線サイクリング大会」のルートとなるのは、伊那市高遠町から南信濃村までの約91kmにわたる秋葉街道です。
この秋葉街道は、ほぼ天竜川に平行しています。
北から順に諏訪市、伊那市高遠町、伊那市長谷、下伊那郡大鹿村、飯田市上村、飯田市南信濃を通って、南は浜松に至る街道で、途中に秋葉神社があることから、その名に由来します。
さらに、日本最大の断層「中央構造線」に沿っていることから、その特徴的な地形が観られたり、あるいは南アルプスの豊かな自然を満喫することができます。
さらに、南アルプスはもちろんですが、中央アルプスをも望むことができるのも自慢の一つ。
ただし、急勾配に喘ぎながら、景色を「楽しむ」という余裕があるのやら…? 疑問。

とは言うものの、参加したことの無い者としては大きなことは申し上げられません(笑)。

たしか、参加定員もあったはずです。
脚力に自信のある方は、お早めに参加を決心されては、如何でしょうか?

人に勧める前に、まず率先…という声も聞こえますねえ。

そうですね。

じゃ、ちょっとだけ、検討してみましょう(笑)


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。