南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遠山郷和田宿 殿町の茶屋 「ふじ姫饅頭」

遠山郷和田宿で美味いもの…といえば、殿町の茶屋ふじ姫饅頭」も有名です。
写真のとおり、そば饅頭とよもぎ饅頭の2種類。
材料はいずれも遠山産を使って、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。

CIMG2958.jpg

朝は早く、6時から当日に販売する分だけを作るそうで、7時前には店先に並びはじめます。
店に饅頭が並ぶのを待って買い求める旅の方もいらっしゃるそうで、当日分として仕込んだものを売り切ってお仕舞い。
あるとき飯田市内に住んでおられる知り合いの方が、午前中に立ち寄ってみたら、もう店が閉まっていたという話を聞きました。
それで、何とか手に入れるために、浜松に向かう途中、9時頃に寄り道してやっと手に入れたとか。
店を守っている地元との方々が、その日の片付けをしながら一休み。店内でお茶を飲んでいたところだったそうで、知人もお呼ばれしてお茶や手作りのお茶請をご馳走になったという話を聞きました。
そんなアットホームな雰囲気も、遠山郷ならではです。

そうしてみると、「幻の饅頭」たる由縁は、作れる範囲、仕込める範囲で決して大量生産しない方針と客人をもてなす心、こんなところにあるのかもしれません。
聞くところによれば、大々的な宣伝などしていないにも関わらず、噂が噂を呼んで…ということらしいです。クチコミのパワーなのでしょう。
秘密にしておきたくても、隠しようがありませんね。

CIMG2876.jpg

場所は、和田宿を見渡す丘の上、隣は遠山郷土館和田城ですから、すぐに分かると思います。

CIMG2869.jpg

先に「平成の名水百選」に認定された観音霊水とは目と鼻の先、徒歩で1・2分と近く、こちらの知名度が上がるとともに相乗効果でさらにお客さんが増えることでしょう。

ぜひ、観音霊水で淹れた遠山郷のお茶を頂きながら、「ふじ姫饅頭」をご賞味下さい。


大きな地図で見る

スポンサーサイト

PageTop

遠山郷土資料館 <和田城>


今回は遠山郷土資料館 <和田城> を訪問したときの記録です。
時間の都合で、入館しませんでしたので、館内の様子などお伝えできません。
そちらは改めてレポートしたいと思います。


和田城全景

盛平山の麓(?)から望む和田城一帯


CIMG3152.jpg

徳川家康と遠山土佐守 の 対面の場
左が家康さんです。


CIMG3157.jpg



CIMG3158.jpg

なぜか一休さん
足元のネズミが見えますか?


CIMG3159.jpg

なぜか大釜が…


<詳細はこちらのリンクからどうぞ。>
↓↓
⇒ 遠山郷土資料館


大きな地図で見る



PageTop

-観音霊水- 「新・名水百選」入りに期待をしています。

さる平成19年12月22日に環境省が発表した注目の記事があります。
-「新・名水百選」(仮称)の選定について-
とタイトルされています。
すでにご存知の方も多いのではと思われますが、内容をご紹介します。

環境省では、来年7月に環境問題が主要議題の一つとして開催されることが予定されている北海道洞爺湖サミットにちなみ、水環境保全の一層の推進を図ることを目的に、現在の「名水百選」に加え、新たな名水、「新・名水百選」(仮称)を選定することとしました。
 選定に当たっては、地域の生活に溶け込んでいる清澄な水環境であり、特に、地域住民等による主体的かつ持続的な保全活動が行われていること等を選定の基準とすることとしています。

これを受けて長野県では、この3月末に南信濃にある観音霊水について、県内にある他の候補とともに推薦をしたとの新聞報道がありました。

1

遠山郷にある、観音霊水のある山の頂、「盛平山」には、まさに観音様の像が立っていることから、こう呼ばれています。
ミネラル成分としてカルシウムやマグネシウムが多く含まれ、週末ともなれば県外からも水汲みに訪れる人が絶えません。

さて、同じ飯田市内には「猿庫(さるくら)の泉」と称される、名水百選があります。
同じ市内から2つも選ばれるのは難しいのでは…、と仰る方もいらっしゃるようですが、ついこの間の合併までは別々だったわけですし、また「郷土館和田城」や「ふじ娘饅頭」とも目と鼻の先なことから散策には打って付けのコースです。
ぜひ、選定されることに期待したいと思います。

2

この3月末日で、都道府県からの推薦が締切られています。
4~5月を目途に審査されて、6月上旬には選定結果が発表されるそうです。
いずれにせよ、7月に予定される北海道洞爺湖サミットをにらんでのこと。

水環境の保全に取り組んできた遠山郷は、その候補に、そして本選に相応しいと思います。

(ここまで)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。