南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

観音霊水 名前入り水汲みボトルでPRしています。

さて、8月の声を聞いたところで、
「へー、やっと7月が終わったところ?」
この暑さのせいで、正直な感想です。

Kannonreisui.jpg

<記事をクリックすると拡大表示されます。>

さて、あの観音霊水ですが、先日の新聞にこんな紹介記事が載っていました。
上の記事を拡大してご覧下さい。

読みづらいかもしれませんので、掻い摘んで記します。
要するに、ここ南信濃に住む地元の皆さんで構成される「観音霊水を愛する会」が、2リットル入りのペットボトルを配っていることを報じています。
ラベル付きボトルを配っておられることは、聞いておりましたが
「環境省認定 平成の名水百選
という文字が輝いて、デザイン一新。
なんとも気が利いているではありませんか。

写真のとおり、もちろんのこと「観音霊水」の名前は忘れません。
さらに、ミネラル成分表示付きという念の入れよう。
ですから、ここまで水を汲みにいらっしゃった方々は、このペットボトルで水を持ち帰る…
そうすると、当然のこと他人様の目に触れることになるので、知名度の向上に一役買うことになる…
という算段なんです。

ラベルは会長さんが一枚一枚、手作業で貼ってくださるそうで、なんとも気持ちがこもっているではありませんか。

これからも、様々なデザインのシールを用意するそうですから、コレクションしてみても面白いかもしれません。
ボトルは龍淵寺さんで無料配布されています。


というわけで、同会の皆さんのPRの甲斐あって遠山郷への入込が増えますよう、お祈りしております。

さて、日中は猛暑が取り柄、でも朝夕は過ごし易い…、
少し言い訳がましくなりましたが、ぜひ、この夏の南信濃にお越し下さい!

<完>

スポンサーサイト

PageTop

遠山郷和田宿 殿町の茶屋 「ふじ姫饅頭」

遠山郷和田宿で美味いもの…といえば、殿町の茶屋ふじ姫饅頭」も有名です。
写真のとおり、そば饅頭とよもぎ饅頭の2種類。
材料はいずれも遠山産を使って、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。

CIMG2958.jpg

朝は早く、6時から当日に販売する分だけを作るそうで、7時前には店先に並びはじめます。
店に饅頭が並ぶのを待って買い求める旅の方もいらっしゃるそうで、当日分として仕込んだものを売り切ってお仕舞い。
あるとき飯田市内に住んでおられる知り合いの方が、午前中に立ち寄ってみたら、もう店が閉まっていたという話を聞きました。
それで、何とか手に入れるために、浜松に向かう途中、9時頃に寄り道してやっと手に入れたとか。
店を守っている地元との方々が、その日の片付けをしながら一休み。店内でお茶を飲んでいたところだったそうで、知人もお呼ばれしてお茶や手作りのお茶請をご馳走になったという話を聞きました。
そんなアットホームな雰囲気も、遠山郷ならではです。

そうしてみると、「幻の饅頭」たる由縁は、作れる範囲、仕込める範囲で決して大量生産しない方針と客人をもてなす心、こんなところにあるのかもしれません。
聞くところによれば、大々的な宣伝などしていないにも関わらず、噂が噂を呼んで…ということらしいです。クチコミのパワーなのでしょう。
秘密にしておきたくても、隠しようがありませんね。

CIMG2876.jpg

場所は、和田宿を見渡す丘の上、隣は遠山郷土館和田城ですから、すぐに分かると思います。

CIMG2869.jpg

先に「平成の名水百選」に認定された観音霊水とは目と鼻の先、徒歩で1・2分と近く、こちらの知名度が上がるとともに相乗効果でさらにお客さんが増えることでしょう。

ぜひ、観音霊水で淹れた遠山郷のお茶を頂きながら、「ふじ姫饅頭」をご賞味下さい。


大きな地図で見る

PageTop

「平成の名水百選」に選定後、初の水汲み

本日、皆さんからお預かりした容器を持って、やっとのことで観音霊水に行くことができました。
お待たせして済みません。

その際に、ちょうど和尚様が出てこられていて、お行き会いすることができました。
やはり、観音霊水が「平成の名水百選」に選定されたことを話題にされておられました。
来月には、環境省の担当者が遠山郷入りして、百選の認定とその成分の認定を行うそうです。

いよいよ、硬度の数値などがオーソライズされることになりますね。
これまでにも然るべき検査を受けた上のことなのでしょうが、やはり全国レベルの名水に選定されてとなれば、自ずとその意味合いが違ってくる?

それはさておき、順次、皆さんのお手元にお届けしますので、しばしお待ちください!

IMG_0410_convert_20080611192623.jpg

季節の花々で折々の表情を楽しむことができます。


IMG_0411_convert_20080611192846.jpg

平日でしたからよかった…休日は水汲みラッシュのこと?


IMG_0404_convert_20080611193956.jpg

あやかりたい、あやかりたい


IMG_0412_convert_20080611193150.jpg


ぜひ、皆さんも一度…といわず何度でも、遠山郷に水汲みがてら、そこここの風情を楽しみにおいで下さい。
お待ちしています。

先日の選定以降、初めてお邪魔した観音霊水でしたが、あいも変わらず付近は落ち着いた様子。
かえってそのことが、これまでどおりの安心を与えてくれている気がします。

 

PageTop

祝・平成の名水百選 選定! 観音霊水

タイトルしましたとおり、当ブログでもずっと追い掛けてきました「観音霊水」が、「平成の名水百選」に選定されました。
応援した甲斐があって、まずは、大喜びなわけです。

さる6月3日になりますが、環境省は水環境の大切さを再確認してもらおうと昨年末から募集していた「平成の名水百選」の選定結果を発表しました。
長野県からは、観音霊水の他に3地区、計4つの候補が挙がっていましたが、いずれも目出度く選定の誉れを得たとのことです。

ちなみに、次の県内4名水です。
  飯田市 観音霊水(湧水)
  松本市 まつもと城下町湧水群(湧水)
  木祖村 木曽川源流の里 水木沢(湧水、河川)
  木島平村 龍興寺清水(湧水)

環境省の報道発表はコチラのリンクから
 ⇒ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9797

先日も成分表をアップしましたが、硬度178は日本では一番ではないかとの噂です。

ここ1ヶ月のことですが、当ブログでも3回も話題として採り上げています。
ひとしおです。ご参考までに過去のブログのリンクを表示しておきます。
クリックしてみてください。

⇒ -観音霊水- 「新・名水百選」入りに期待をしています。
⇒ 観音霊水のこと
⇒ 観音霊水を汲んできました。

さて、これで一層のこと人気が出ること間違いなし!
今週末辺りは、早速の賑わいではないでしょうか?

先のブログで、私設「名水会」の噂を聞いていただき、水汲みを頼まれております件も複数あります。
さてさて、丁度の折、きっと喜んで頂けるものと思います。
お楽しみにお待ち下さい!

ところで、先日アップした竜神様(?)の表情も、心なしか引き締まって見える(笑)のは、何故でしょう?

CIMG3147.jpg

再登場!

PageTop

観音霊水を汲んできました。

昨日に引き続き、観音霊水の話題です。

「遠山郷には、それしか無いのか…」
って、きつくお叱りを受けそうですが、「6月に発表」とされている「新・名水百選」の選考に向けて、微力ながら応援をしているつもりです。

目出度くも選ばれましたら、当ブログへのアクセスも急上昇するかな…
いえいえ、ほんの冗談です。

CIMG3145.jpg

可愛らしい…といえば聞こえはいいが、アップで見ると滑稽な、つまり、別の言い方で…愛くるしい顔をした竜神様(?)
どう褒めたらいいのでしょうか、私、苦しい…アイ・苦しい。

CIMG3147.jpg

既に眼が入れられているので、画竜点睛を欠く…ということは無さそうですね。
選考結果に期待しています。

※ 【画竜点睛を欠く】 最後の仕上げを欠いたために、全体が生きてこないこと。<大辞林 国語辞書より>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。