南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「喜びを売る! 農産物直売所」という番組を視聴して

最近のこと、NBS長野放送で
「喜びを売る! 農産物直売所」
という番組を視聴しました。

町々の街道筋に単独であるいは、道の駅などに併設するスタイルで、こうしたタイプの店舗が増えたことは、新鮮な野菜に目の無い私としては、大変よろこばしいことです。

ところが、番組を拝見していて残念なことが一つ。
lここでも北高南低…?
採り上げられた店舗の最南が伊那のグリーンファーム。
ほかは全て域外で、飯田・下伊那に該当がなかったのが、淋しかった。
番組の構成上のことか、スケジュールのことか…何らかの理由はあれど、
「あそこは欠かすことができない」
という、強い動機がありさえすれば、せっかく伊那まで来ていた脚をもう少し伸ばせばいいわけで。
ということは、取材に値する話題に乏しかった、ということですか?

そういえば、伊那のグリーンファームはとても特徴的な品揃えで、確かに飯田・下伊那には決して無い、別の存在感を強烈に示していて、こんなにも知名度が上がり始める以前から、ファンでした。

そういった地の利(取材のされ易さという意味でですが…)のことを除けば、番組に登場した各店舗は、そこその規模があり、特徴的な野菜や、農業への取り組み、併設された食堂や、それに取り組むお母さんたちの談話など、当地には欠けているのかな…などと、心配してしまうのでした。

番組の最後に採り上げられた「三岳」の直売所のサイズであれば、近隣のそれに概ね等しく、しかし、見も知らずの野菜が紹介されていたりして、見ていても興味深いものがありました。

さて、飯田・下伊那の直売所でも、その特徴的なところに着眼してくれたら、そこそこの番組づくりになるのかもしれませんが、でも、やはり取材が入らなかった、あるいは、入ったけれども番組構成上で編集の憂き目を見た…いずれにせよ、淋しいものです。

それはさておき、
遠山郷南信濃の道の駅、これからでしたら「山のきのこ」が本番です。
落ち葉にまみれた採り立てのイクチなど、街中ではなかなか手に入りませんから…

最後は、微力ながら地元を応援して終わりたいと思います。

<完>

スポンサーサイト

PageTop

「遠山谷南部の民俗」刊行

8月12日付けの中日新聞 南信版に興味深い記事を見つけましたのでご紹介します。

「遠山谷南部の民俗」と題して、遠山郷の暮らしを中心に、つまり衣食住や仕事、年中行事から信仰、祭り、あるいは和田商店街の変遷などについても記された報告書が刊行されたとのことです。
この地区は、民俗学の宝庫とも言われているそうで、それらに関することだけに、一度、手にして読んでみたいものです。

報告するにあたっては、和田、八重河内、南和田など各地区で、250人もの人々から伝承などを聞き取ることによってまとめられているといい、実に1年がかりの作業だったそうです。

img052_1.jpg

<↑ クリックして拡大してください。>

なお、刊行に合わせて、この31日には南信濃自治振興センターにて、さらに9月23日には飯田市美術博物館で報告会が開かれるそうです。
ご関心のある方は、こちらへもご参加されてはいかがですか?

<完>

PageTop

稲、順調です。

不定期レポートにしてもほどがあるほど稲の生育状況をアップしておりませんでした。
いつの間にか穂まで出てきて風格すら感じる苗に成長しておりました。
      
IMG_0427_convert_20080820000021.jpg


このところ晴天に恵まれすぎて、水不足に悩まされておりました。

IMG_0425_convert_20080820000356.jpg


このままでは稲が枯れてしまう危惧すらありましたが、父母と一緒に雨乞いをしたところ、なんと夕方に量はそれほどではありませんでしたが(予報どおり)雨に恵まれました。

今が稲作にとって水分は大切なのです!どうしようもないですが、定期的な降雨に期待したいところです。

IMG_0426_convert_20080820001155.jpg


旧盆を過ぎて、遠山郷では朝晩の風に確かな秋の気配を感じ始めております。
ただ、日中の暑さは衰えをしらず、いま少しの辛抱です。

<完>

PageTop

南信州の観光資源

つい先日の新聞に、飯田市にあるテーマパーク、伊那谷道中に関する記事がありました。

 8月9日付けの毎日新聞の記事にリンクします。 ⇒ 伊那谷道中

ここ10年ほど続いてきた伊那谷道中のオーナーが変わるということです。
現在、年間約25万人の入場者数があるという発表ですが、新たなオーナーの手により老朽化した設備への投資やホテル建設などによって、50万人の入場者数を計画しているのだそうです。

南信州の新たな…というか、新規まき直し、観光拠点となるのでしょうか。
期待したいところです。

ところで、以前に中小企業地域資源活用促進法に基づいて発表された長野県関連の情報を見ておりましところ、一項目に観光資源の整理がされておりました。
抽出の仕方の詳細は不明ですが、「遠山郷」が含まれていない…。

ちなみに、飯田市で分類された具体的な資源名称は次の5つ。
天竜川、天竜峡、猿庫の泉(湧水地)、よこね田んぼ(棚田)、りんご並木通り。

下伊那地域の分類で1つ、南アルプスです。

下伊那の市町村別で分類されたものが、阿智村の昼神温泉、旧東山道(21世紀東山道ロマン)の2つ。
それ以外は、天竜川沿岸の8町村に共通する「天竜川」が1つ。

要するに、南信州の観光資源として挙げられているのは、上記の8つです。


参考までに、駒ヶ根市で分類されている観光資源を掲げますと、
中央アルプス駒ヶ岳、早太郎温泉、中央アルプス千畳敷カール、光前寺、光前寺のしだれ桜、駒ヶ根高原、中央アルプスの雪形、
以上7つ。

基準が不明なので単純な比較ができませんが、おそらく観光資源としての認識に差があるのではないかな、と思ってしまいます。

行政として私企業の施設名(ブランド名)を挙げられないのでしたら、例えば「ヘブンスそのはら」なら「富士見台高原」とかして、一帯で考えようもあると思うのですが。

単に名を連ねたかどうかのことでしかありませんが、やはり「遠山郷」の名が無いのは何で?
素人なりに寂しさを感じてしまいます。

ちなみに、
「中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律」とは、
『各地域の「強み」である地域資源(産地の技術、地域の農林水産品、観光資源等)を活用して新商品・新サービスの開発・市場化等を行う中小企業(事業協同組合、企業組合等の中小企業組合を含む)を支援し、地域経済の活性化を図るため、税制・金融面など総合的に支援措置を講ずるものである。』
のだそうです。

 ⇒ 活かそう! 地域資源 (長野県)

とりとめなくなりましたが、「伊那谷道中」のオーナーさんが変わるとの報道を受けて、南信州の観光資源の掘り起しや地域間連携について、考えさせられてしまいました。

<完>

PageTop

観音霊水 名前入り水汲みボトルでPRしています。

さて、8月の声を聞いたところで、
「へー、やっと7月が終わったところ?」
この暑さのせいで、正直な感想です。

Kannonreisui.jpg

<記事をクリックすると拡大表示されます。>

さて、あの観音霊水ですが、先日の新聞にこんな紹介記事が載っていました。
上の記事を拡大してご覧下さい。

読みづらいかもしれませんので、掻い摘んで記します。
要するに、ここ南信濃に住む地元の皆さんで構成される「観音霊水を愛する会」が、2リットル入りのペットボトルを配っていることを報じています。
ラベル付きボトルを配っておられることは、聞いておりましたが
「環境省認定 平成の名水百選
という文字が輝いて、デザイン一新。
なんとも気が利いているではありませんか。

写真のとおり、もちろんのこと「観音霊水」の名前は忘れません。
さらに、ミネラル成分表示付きという念の入れよう。
ですから、ここまで水を汲みにいらっしゃった方々は、このペットボトルで水を持ち帰る…
そうすると、当然のこと他人様の目に触れることになるので、知名度の向上に一役買うことになる…
という算段なんです。

ラベルは会長さんが一枚一枚、手作業で貼ってくださるそうで、なんとも気持ちがこもっているではありませんか。

これからも、様々なデザインのシールを用意するそうですから、コレクションしてみても面白いかもしれません。
ボトルは龍淵寺さんで無料配布されています。


というわけで、同会の皆さんのPRの甲斐あって遠山郷への入込が増えますよう、お祈りしております。

さて、日中は猛暑が取り柄、でも朝夕は過ごし易い…、
少し言い訳がましくなりましたが、ぜひ、この夏の南信濃にお越し下さい!

<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。