南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

EURO2008 スペインが44年ぶりの優勝 ドイツに1-0

ほぼ3週間にわたって追いかけてきましたEURO2008ですが、スペインがドイツに1-0で勝利して、1964年大会以来、44年ぶりの優勝で幕を閉じました。
(これで、話題の中心が遠山郷に帰ってこられる…ホッとしました。)

6月29日(現地時間)、ウィーンで決勝が行われました。

Germany v Spain


30日の早朝(つい、さっきまで)のこと、早起きをしてTV中継をご覧になった方も大勢いらっしゃるのでは。
スペインは自国開催だった1964年大会以来、44年ぶり2度目のヨーロッパ王者に輝いたものです。
FIFAランキング(世界ランク)も常に上位にランクされ強豪との評判を得ながら、しかしワールドカップでは優勝経験がないスペインでしたが、まさに久々の…、大舞台での栄冠です。

ドイツの応援に回っていましたが、まずはスペインの優勝、おめでとう!


フェルナンド・トーレスのゴールシーン!

さて、試合の方ですが、スペインはパス主体の流れのある運び。
前半33分にMFシャビのスルーパスにFWフェルナンドトレスが反応。決勝点を決めました。
さらに、大会得点王の栄冠は4点を挙げたスペインのFWビリャの頭上に輝きました。
試合前には、
「スペイン vs. オランダで決勝を見たかった」
と言ってた仲間もいましたが、ドイツも頑張りました!
ナイス・ファイトをありがとう。

次の大会は4年後。ポーランド・ウクライナの共催です。
この興奮と感動を再び…

何度でも、ありがとう、ありがとう、EURO2008


スポンサーサイト

PageTop

EURO2008 いよいよ決勝戦

ドイツ vs. スペインで迎えたEURO2008の決勝戦です。

ドイツといえば、日韓共催の2002年ワールドカップでは、その戦いぶりをこの目で見ることができました。ちょうど6年前のこと。2002年6月11日、静岡エコパの対カメルーン戦でした。
当時のフェラー監督の白髪がカクテル光線に映えて印象的でした。

前半互角と思われた戦況も、後半は実力の差が歴然。
結果は、2-0。ドイツの圧倒的な試合でした。

グループリーグを勝ち上がったドイツは、その後、決勝トーナメントでは、対パラグアイ戦、対アメリカ戦、対韓国戦をいずれも1-0で破り、決勝戦まで勝ち進みました。
ブラジルとの戦いは記憶に新しいと思いますが、0-2で敗れて準優勝。

そんなワールドカップでの強烈な印象のこともあって、このEURO2008の決勝戦は、ドイツの応援でいこうと思います。

スペインはEURO1984の決勝でフランスに敗れて以来の決勝進出。
快進撃のオランダを弔う意味でスペインに肩入れする! とメールをくれた友人もいて、サッカーファンの仲間たちを二分して、月曜日の早朝を迎えることになりそうです。

さあ、いずれに凱歌があがるか。
頑張れ、ドイツ… です。

PageTop

EURO2008 再選 スペイン vs. ロシア

決勝トーナメントで再び戦うことになった両チーム。
日本時間の本日早朝に結果が出ました。

スペイン 3 - 0 ロシア (2008/06/26)

ビデオを入手しました。アップします。


Online Videos by Veoh.com


オランダを撃破した余勢をかってロシアをダークホース視する事情通も多かったようですが、予選リーグの結果を反映した、ある意味で順当な結果とも言えるでしょう。
終了直後のこともあって、ビデオクリップがアップされておりません。
ここでは、グループDでの両チームの戦いを振り返ってみましょう。


スペイン 4 - 1 ロシア (2008/06/10)

Spaniards v Russians



PageTop

「うまいんだに」ってご存知ですか?

遠山郷には地元ならではの伝統的な食べ物が数多くあります。

追々ご紹介を、と思っていますが、今回は比較的新しい…ここ5~6年の新特産というべき「美味しもの」としましょう。
その名も
「うまいんだに」
です。

「うまい」は「美味い」であって共通語というべきでしょうが、お尻にくっつく「…だに」は、「…ずら」や「…だもんで」などと並んで、伊那谷の、特に飯田・下伊那の代表的な方言のひとつです。
つまり、多少自慢げに
「美味しいよ!」
とか、ちょっと畏まって言うなら
「美味しいですよ」
といった意味です。

では、その実態は? と言いますと、紅茶なのです。
正しくは、「南アルプスの紅茶 うまいんだに」。

そういえば7~8年ほど前のこと、今では飯田市と合併して南信濃と同じ市内となりましたが、当時の上村役場に勤められる知り合いの方と話をしておりましたら、
「上村の下栗で長野県初の紅茶を…」
「日本一、高地(標高)でできる紅茶を…」
ということを、熱く語っておられたのを思い出しました。
夢ではなかったわけですね。

今では、下栗や上村に限らず、飯田市南信濃、阿南町、天龍村で生産する「赤石銘茶」を加工して、まさしく長野県初の紅茶が誕生したわけです。
さらに、これまでのティーバッグでの販売に加えて、今年からはペットボトルも登場して、ますます求め易くなりました。
ペットボトルは1本350ml入りで税込み120円。

ベースが赤石銘茶の二番茶だからでしょうか、その豊富な渋味が魅力的です。
また、甘味とのバランスが良いとの評判で、オススメはストレート・ノンシュガー。
辛党の方に言わせると、焼酎を割って飲むのにも適しているんだそうです。

二番茶になると半値ほどになってしまう、その茶葉を有効利用して、高付加価値商品へと転じた知恵と努力の賜物と伺います。
そんなことに思いを馳せながら、いや、思わなくても、いずれにしても、ぜひ一度お試し下さい。



PageTop

EURO2008 オランダ敗退

オランダ 1 - 3 ロシア


Online Videos by Veoh.com

白熱のEURO2008
あの好調、オランダがロシアに敗れ、ベスト4に進むことができませんでした。
グループリーグの戦いと違って、トーナメントによるノックアウトの難しさなのでしょうか。
グループリーグでの戦績や前の試合との日程的な有利さなど、前評判はオランダ有利とされていたのに…です。
ロシアが起死回生、グループリーグ勝ち上がりの余勢をかって、これにプラスすることヒディング・マジックの成果あり。

母国オランダにとって
「最大の嫌われ者になりたい」
ヒディング、余裕のジョークがホンモノになりましたね。

さてこれで、各グループリーグの2位通過のチームばかりが勝ち残っていることになります。
今晩は、「死のグループC」を2位通過した、我らがアズーリ、いよいよベスト4を賭けてスペインと戦います。
深夜3:35からTBS系で中継されるそうですが…、いやはや、眠れない夜が続きそうです。

PageTop

【続報】  第17回 中央構造線サイクリング大会の参加申し込みについて

先にお知らせをしておりました今年の「中央構造線サイクリング大会」について詳細をお知らせします。
今年で第17回を数えるのですね。
今さらのごとく、歴史を感じます。

さて、開催日程ですが次のとおりです。
2008/7/26 (土) ~ 7/27 (日)

申込期間は 2008年05月19日 ~ 2008年07月22日まで。

受付が始まってから、随分と時間が経ってしまっています。
情報提供が遅くなり、誠に申し訳ありません。
(既に申し込まれた方もいらっしゃるのでは…?)

なお、コースその他、詳しい内容につきましては、次のリンクをご参照下さい。

 ⇒ 大鹿村観光情報ホームページ
 ⇒ 第17回中央構造線サイクリング大会

今年からインターネットでの参加申し込みが可能になったとのことです。
こうした材料を基にして、さらに遠山郷が盛り上がるといいですね!
期待しています。

PageTop

遠山郷でふるさと体験

今日、6月18日付けの中日新聞から。
昨日のこと、飯田市の浜井場小学校の5年生、38人が旧木沢小学校を訪れて、上村小学校・和田小学校の5年生といっしょに、ふるさと生活体験学習をしたそうです。

CIMG3138.jpg

また詳しい様子は、こちらのブログに記されています。

⇒ 遠山郷へ行こう!


CIMG3140.jpg


1ヶ月ほど前に伺ったときの写真ですが、時間の関係でゆっくりできず、玄関先で失礼してしまいました。
こんどは、たっぷり時間を取って、ゆっくりと訪問してみたいと思います。

机上だけでは学ぶことができない地元の伝承文化や様々な自然の恵みを、身をもって体験できるこうした試みが、今後に定着した素晴らしいと思います。

ぜひ、旧木沢小学校を訪ねてみてください。

PageTop

EURO2008 オランダの快進撃を振り返る

EURO2008で快進撃を続ける好調オランダ。
"死のグループC"におけるハイライトシーンをオランダを中心にクリップしました。
さて、どこまで昇り続けるのか? 当分の間、目が離せません。


オランダ 3 - 0 イタリア (2008/06/09)

hopllanders



オランダ 4 - 1 フランス (2008/06/13)

FRancia hollandia



オランダ 2 - 0 ルーマニア (2008/06/17)

neders romanie



※結果的に決勝トーナメントでロシアに敗れました。

PageTop

EURO2008 絶好調、オランダ。フランスにも圧勝

オランダ 4 vs. 1 フランス

折りよく、土曜日の深夜に「魔のC組」の2試合が中継されました。
中でも注目は、オランダ vs. フランスの一戦。
圧倒的な攻撃力を発揮したオランダがフランスを下し、グループCの首位通過を決めました。

FRancia hollandia



これで、オランダは前回のワールドカップの決勝で戦ったイタリアとフランスから、合計7点を挙げたことになり、先日のイタリア戦での勝利がフロックでないことを証明しました。
イタリア戦での勝利は実に30年ぶりとなれば、まさに歴史的な勝利なわけでして、今大会の話題の中心は紛れもなくオランダ!
目が離せません。

加えて、イタリア、フランスのいずれかが、あるいは、両国とも予選敗退の可能性が出てきました。
先日も触れましたが、こんなところに欧州選手権のレベルの高さが表れているように思います。

くれぐれも寝不足にならない程度に…と思いながら、気になるEUROです。
今日は、2010FIFAワールドカップサッカー アジア地区3次予選、日本 対 タイの一戦が行われます。
油断さえしなければ…、大丈夫だと思いますが、試合内容が楽しみです。

寝不足の心配はないので、みんなで応援しましょう!

PageTop

「平成の名水百選」に選定後、初の水汲み

本日、皆さんからお預かりした容器を持って、やっとのことで観音霊水に行くことができました。
お待たせして済みません。

その際に、ちょうど和尚様が出てこられていて、お行き会いすることができました。
やはり、観音霊水が「平成の名水百選」に選定されたことを話題にされておられました。
来月には、環境省の担当者が遠山郷入りして、百選の認定とその成分の認定を行うそうです。

いよいよ、硬度の数値などがオーソライズされることになりますね。
これまでにも然るべき検査を受けた上のことなのでしょうが、やはり全国レベルの名水に選定されてとなれば、自ずとその意味合いが違ってくる?

それはさておき、順次、皆さんのお手元にお届けしますので、しばしお待ちください!

IMG_0410_convert_20080611192623.jpg

季節の花々で折々の表情を楽しむことができます。


IMG_0411_convert_20080611192846.jpg

平日でしたからよかった…休日は水汲みラッシュのこと?


IMG_0404_convert_20080611193956.jpg

あやかりたい、あやかりたい


IMG_0412_convert_20080611193150.jpg


ぜひ、皆さんも一度…といわず何度でも、遠山郷に水汲みがてら、そこここの風情を楽しみにおいで下さい。
お待ちしています。

先日の選定以降、初めてお邪魔した観音霊水でしたが、あいも変わらず付近は落ち着いた様子。
かえってそのことが、これまでどおりの安心を与えてくれている気がします。

 

PageTop

いよいよ開幕しました! EURO2008

いよいよ始りました。EURO2008

【ポルトガル 2 - 0 トルコ】
注目カードは、クリスティアーノ・ロナウドを擁して4年前の雪辱に闘志を燃やすポルトガルと、これを迎え撃つトルコとの一戦です。
オープニングゲームといえば正式にはホスト国であるスイスとチェコの一戦なのですが、やはり目が行くのはこちらです。

さて、前半は五分五分の展開。ポルトガルはショートコーナーからのセンタリングをペペがヘディングでファイン・ゴール! かと思われましたが、しかし、判定はオフサイド。
C・ロナウドの惜しいFKなどもありました。

後半61分、ぺぺが高い位置のセンター付近で相手DFと交錯しながら、ヌーノ・ゴメスとのワンツー。
抜け出したペペがこれを決めてポルトガル先制。
C.ロナウドへのハード・アタックにより、彼が止められる場面が目立ってきていただけに、まさに値千金のゴールでした。

ロスタイムには左サイドから上がったC・ロナウドからモウティーニョ、そしてラストはラウル・メイレレスがダメ押しして、試合を決めました。

4年前にC・ロナウド自らのファウルからPKを与え、決勝戦を逃し、くやし涙を隠さなかった当時の19歳が、今大会の歴史に名前を刻むことができるか、こちらも注目してみたいと思います。

さて、そのレベルの高さと(ヨーロッパにおける…)人気において、ワールドカップを凌ぐといわれる「UEFA欧州選手権」です。
すべての試合をLiveで観戦することは、無理かもしれませんが…、いいえ、無理ですから、注目のカードを時々振り返ってみたいと思います。

フットボールファンの方も、そうでない方も、この特別な期間だけはお許し下さい。

とはいえ、観音霊水を汲んで来ることは忘れていませんから、ご安心を!

つづきを表示

PageTop

UEFA EURO2008 開幕目前! 6月7日~

フットボール界ではワールドカップと肩を並べて、全世界の注目を集める「UEFA欧州選手権」ですが、わが国における注目度は、当然のことヨーロッパにおけるそれに比べて低かった…
ところが、衛星放送による全試合中継(有料)が行われるなど、前宣伝もあって以前に比較すれば盛り上がりを見せている様子です。

  公式ホームページ ⇒ http://jp.euro2008.uefa.com/

欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で行われ、UEFAに加盟する国と地域の代表チームによって争われます。
本大会ですが、スイスとオーストリアの共催で2008年6月7日から6月29日まで行われます。

当ブログでも、注目して追いかけてみたいと思います。

出場国は、次の16各国です。

オーストリア (開催国、初出場)
スイス (開催国、2大会連続3回目)
ポーランド (グループA1位、初出場)
ポルトガル (グループA2位、4大会連続5度目)
イタリア (グループB1位、4大会連続7回目)
フランス (グループB2位、5大会連続7回目)
ギリシャ (グループC1位、2大会連続3回目)
トルコ (グループC2位、2大会ぶり3回目)
チェコ (グループD1位、4大会連続7回目)
ドイツ (グループD2位、10大会連続10回目)
クロアチア (グループE1位、2大会連続3回目)
ロシア (グループE2位、2大会連続9回目)
スペイン (グループF1位、4大会連続11回目)
スウェーデン (グループF2位、3大会連続4回目)
ルーマニア (グループG1位、2大会ぶり4回目)
オランダ (グループG2位、6大会連続8回目)

ご贔屓のチーム、優勝予想など、コメントをお待ちします。

ところで、EURO2008にちなんで、出場国名を中心にした漢字検定を見つけました。
こちらもお楽しみ下さい。

つづきを表示

PageTop

祝・平成の名水百選 選定! 観音霊水

タイトルしましたとおり、当ブログでもずっと追い掛けてきました「観音霊水」が、「平成の名水百選」に選定されました。
応援した甲斐があって、まずは、大喜びなわけです。

さる6月3日になりますが、環境省は水環境の大切さを再確認してもらおうと昨年末から募集していた「平成の名水百選」の選定結果を発表しました。
長野県からは、観音霊水の他に3地区、計4つの候補が挙がっていましたが、いずれも目出度く選定の誉れを得たとのことです。

ちなみに、次の県内4名水です。
  飯田市 観音霊水(湧水)
  松本市 まつもと城下町湧水群(湧水)
  木祖村 木曽川源流の里 水木沢(湧水、河川)
  木島平村 龍興寺清水(湧水)

環境省の報道発表はコチラのリンクから
 ⇒ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9797

先日も成分表をアップしましたが、硬度178は日本では一番ではないかとの噂です。

ここ1ヶ月のことですが、当ブログでも3回も話題として採り上げています。
ひとしおです。ご参考までに過去のブログのリンクを表示しておきます。
クリックしてみてください。

⇒ -観音霊水- 「新・名水百選」入りに期待をしています。
⇒ 観音霊水のこと
⇒ 観音霊水を汲んできました。

さて、これで一層のこと人気が出ること間違いなし!
今週末辺りは、早速の賑わいではないでしょうか?

先のブログで、私設「名水会」の噂を聞いていただき、水汲みを頼まれております件も複数あります。
さてさて、丁度の折、きっと喜んで頂けるものと思います。
お楽しみにお待ち下さい!

ところで、先日アップした竜神様(?)の表情も、心なしか引き締まって見える(笑)のは、何故でしょう?

CIMG3147.jpg

再登場!

PageTop

苗、日々成長。

去る、5月21日に植えた苗の様子をお伝えします。
あれから10日あまり経ちましたが、頼りなかった苗もピン!と背筋を伸ばし始めました。

 参考 : 田植えの直後の様子 : 5月21日 ← クリックしてみてください。

IMG_0399_convert_20080603194948.jpg


我が家は3面(合計400坪)の水田があります。

IMG_0400_convert_20080603195527.jpg
 

我が家でも昨年までは「減反」政策をとって2面にとどめておりましたが、鶴の一声ならぬ「父の一声」と食糧情勢もあいまって、今年は3面作ることになりました。

IMG_0401_convert_20080603200313.jpg


次回の不定期レポートにご期待ください!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。