南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

柿の風景

「柿の風景」
とは、いかにも情緒的?

さておき、秋たけなわの南信州ですが、いたるところに色づいた柿の実が目に付くようになりました。
それまで、葉の色、周辺の緑に紛れて、その木が柿の木であることすら気付かなかったのに、この時季になってみるとなんとも柿の木の多さには驚かされました。

先日も西部山麓線を走っておりましたら、りんごや梨の果樹園とは少し違った風情で、斜めの土地や石垣のすぐ側、あるいは家の軒先近くで…と、柿の実が実っています。
遠くにかすんで見える南アルプスの山並みとたわわな柿の木、柿の実の色、それらは確かに南信州にしかない、これぞ数百年もの間、変わることの無い「原風景」なのだと感じました。

ところで、個別の柿の品種までは分かりませんが、人に尋ねますとその大半が市田柿でしょう…と。
言わずと知れた市田柿の産地なわけですから。
今日では地域ブランドを取得したとかで、「市田」に限らず周辺の市町村で栽培するものも一定の要件を満たせば「市田柿」として販売してもよろしいようです。

車で走らなくとも、軽い散歩気分で家の周りを歩いてみても、あそこもここも、この季節は柿・かき・カキ…そのうちに、農家の軒先は名物の「柿すだれ」で、一面が柿色に染まる日も間近です。

ただ、柿についても他の作物と同様に、これを育ててきた皆さんの高齢化が進んで、やむなく立派な柿の畑を潰してしまったりする例も多いと聞きました。また、柿は実れども市田柿にまで加工する手間がなくて、樹上で鳥の餌と化す例もあるそうで。
仮に、ブランドの拡大こそ望めなくとも、絶やすことなく、地域で守りたいものです。

というわけで、私にできることといえば、市田柿をたくさん食べて消費拡大に寄与することからでしょうか?

今年の作柄が楽しみです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

My箸

単なるブームではなく、定着しつつあるそうです。

それはMy箸。

外食の際に、自分の箸を持ち歩いて、割り箸が出されたら、これを断る…
コンビニで弁当を買った際のこと、「お箸は?」の問いかけに、結構です…と
今では、配達弁当に付けていた箸をやめて、自分で用意した箸を使ってもらう…
(前の2つは選択肢の問題ですが、配達弁当の場合は箸を忘れると、勤め先に届けられても、食べることができません。もうそりゃ死活問題…です・笑。)

そういえば、かなり以前のラーメン屋さんの店先では割り箸ではなく、箸立てに使って洗った箸が立てられていたことを思い出しました。あの牛丼チェーンでは、いつのまにかカウンターに置かれている箸入れに入っているそれが、割り箸ではなくなった…。
My箸の発想に繋がるところから来ているのでしょうか。

My箸を入れて持ち歩く袋やケースなど、箸を取り巻く周辺商品も点数やデザインが充実して、それを専門に取り扱う販売店やコーナーが登場したりで、加速度が付いた雰囲気さえします。

さらに、My箸割引とか称して、商店街が連合してMy箸利用のお客さんの飲食代金から、なにがしかの…一律50円だったと記憶していますが、割引をしている、というニュースを視たのも最近のことです。

さて、いざ実行、そう考えると、月並みですが日頃の心掛け次第。
エコは身近なところからですね。

<完>

PageTop

インゲン豆

中国の僧侶、隠元が日本に持ち込んだことに由来する「隠元豆」。
今日では、冷凍にされたインゲンが食材として中国から大量に輸入されているそうで、因縁を感じます。
その冷凍インゲンの一品目に、殺虫剤が混入されていたとの報道には、
「インゲンよお前もか…」
の感想です。

混入された原因が解明されていない段階で、早計な判断はできないものの、消費者の一人としてその因果に
「またか」
という直感的な印象を抱いてしまうのは、困ったものです。

人の噂もなんとか…で、例の餃子の一件も未だ解決されていない段階で、引き続き起きてしまった「食」に対する信頼の失墜には、抜本的な対策を望みたい…

安心して安全な「食」を口にするためには、何を頼りに、何を信頼すればいいのかな?

「食」に関して、国内産信奉が高まることは、それはそれで否定しがたいことですが、しかし、それとは別のこととして、国外産への信頼を担保する方策はないのでしょうか?
(とは言うものの、国内の流通では例の「汚染米」の一件もあって、「国外産への信頼」のことをとやかく申し上げられる立場ではないかもしれません。)

今後の推移を見守りたいものです。

<完>

PageTop

体育の日

いつからだったでしょうか?
「体育の日」が振り替えの月曜日に移動したのは?
それまで、東京オリンピックの開会式が行われた1964年10月10日を祝しての記念日だったわけで。
その日の印象がとても強かったので、多少の違和感があります。
が、休日であることには違いがないわけで、日曜日に重なった時のことを考えれば、ちょっと得をした感じもします。まさに、それが目論みなわけですから、お得感をしっかり享受しましょう。

さて、運動不足が否めないこの頃ですが、朝のニュースを観ていたら、お年寄りが公園に集まって健康体操の場面が映し出されておりました。
矍鑠としてお元気そうでなによりです。その中で、インタビューに応えてあるご老人。
驚くことに毎日、欠かさずに100回の腹筋運動が自慢とか…。
腹筋の「深さ」はさておき、とにかく1日に100回くらい、意識して腹に力を入れていることは間違いないようで、
「私も…」
と思うばかりで、なかなか実行には難そうです。

そうしたご老人の運動のこともですが、低下の一方だった小中学生の運動能力が20年ぶりに、上向きに転じたそうで、20年前といえば他人事とも思えません。
聞いていたら、「反復横とび」などというたいへん懐かしい言葉がニュースに登場して、ついつい、畳の縁に目を遣ってしまいました。
ちょうど手ごろな幅だな…なんてね。

ともかく、日頃の運動不足に思いを巡らせるだけでも、「体育の日」の意味がありそうです。

<完>

PageTop

金木犀

この季節、クルマの窓を開けて走っていると、心地よい風に混じって、確かに金木犀の香りが漂ってきます。

そんな話を知人としておりましたら、彼のご近所にあった金木犀がいつの間にか、切られていることに気付いたとか。
二階の窓にまで届きそうな大きな木だったそうですが、特に枯れたという理由からではなかったそうで。
不思議に思って聞いてみたら、最近では金木犀の香りが不人気で、声なき声が聞こえてきたそうです。

そういえば、都会の小学生あたりは、ハッキリと
「トイレくさい」
と言う…、という話を聞いたことがあります。

そのことが金木犀を倒すことになった理由かどうか知りませんが。


確かに、今でこそ金木犀の香りの芳香剤…とくに、トイレに置かれるタイプは、水洗の普及にともなってでしょうか、あまりお目(鼻?)にかかる場面が少なくなりましたが、あの香りというか、ニオイの記憶があります。

ニオイや香りに対する意識の変化に伴って、先の例のよな以前とは違った金木犀に対する捉え方に驚かされます。


しかし、そうした変化があろうとも、やはり秋のこの時季をイメージさせる香りのひとつとして、金木犀は最有力です。
今では、以前より10日とも2週間とも時期が早まったといわれる秋の運動会ですが、記憶の中では運動会と廿十世紀梨の味覚と金木犀の香りは、まさにイコールのシーズン…。

いろいろが変化しても、金木犀は香るタイミングを忘れていません。


<完>

PageTop

稲刈り

10月11日に予定されていた稲刈りが天候の関係で先週の金、土曜日の2日間にわたって行われました。
お手伝いをいただいた方3名と私の家族の合わせて6名でがんばりました!
400坪すべて、刈り取ったのは私です。
とは言っても、機械の力を借りてですが(笑)

金曜日は午後から始めたので、200坪の田んぼ一面のみの刈り取りでした。
土曜日に別の場所にある稲も刈り取り、まとめて天日干しにするための「はざ」を作りました。

大変だったのは、別の田んぼから刈り取った稲を運んでくる作業。後に予定される脱穀をスムースに行うためです。

DSCF4051_convert_20081006181854.jpg


写真は土曜日の風景です。
計400坪の稲を一箇所に天日干しにしました。

2008_10050004_convert_20081006182855.jpg


稲作は稲刈りが一番大変な行程です。

父と母の絶え間のない稲作への情熱と愛情の甲斐あって、かなりの豊作でした。
そして、父のこだわりで無農薬栽培です。
昨今、さまざまな食糧問題が取りざたされておりますが、父母のおかげで安心なお米を頬張ることができ、とても幸せです。 

2008_10050014_convert_20081006185013.jpg


11月初旬には脱穀(稲こなし)の予定です。
わが家の新米を口にするために、もう一頑張りです。

<完>

PageTop

想定! リニアが南アルプスを貫通する

今朝の中日新聞の一面トップを飾るのが
「リニア 南ア貫通15キロ想定」
という見出しの記事です。

リニア中央新幹線の想定ルートには3つあって…つまり、
 Aルート 甲府付近で北行して茅野付近で伊那谷を南行し飯田付近を通過
 Bルート Aルートの茅野付近まで同じだが、木曽谷を南行する。飯田はルート外
 Cルート 甲府付近から飯田付近まで南アルプスをぶち抜くルート

というわけで、今回の見出しはCルートのことを表わしている訳です。

木曽谷を抜けるBルートはともかくとして、AもCも飯田付近が想定ルートに関係するため、リニア構想が持ち上がって以来、飯田はたいへん盛り上がっている(?)わけです。

ただただ通過点に過ぎないのでは、なんの利得も考えようがないので、当然に飯田にリニア駅を…というのが、ルートの決定とともに注目を集めているわけで。

ところで、いろいろな方とお会いして、リニアの話が話題に上りますと、それぞれお考えがあることが分かり、たいへん興味深いものがあります。

「飯田に駅を誘致するとしても地元負担をどうするの?」
とか
「だったら、かつての中津川線構想のように、中央線と結ぶ方が地元の利が大きい」
とか
「そもそも、生きちゃいないから」
という笑い話も。

県知事さんは、南アルプスをぶち抜くのではなく、木曽谷にしろ伊那谷にしろ、いずれかの谷筋を通す…というより諏訪湖付近を通過する、差し詰め諏訪湖ルート(?)というご意見のように聞こえます。

そういえば、幼い頃のこと、かつて中央線(西線)のルートを決める際に、当時の重要な産業、つまり養蚕への影響(蒸気機関車の煙が桑の葉やお蚕様によくない…という風評?)に配慮(地元が反対して?)して、伊那谷を通らずに木曽谷に決まってしまった…真偽は定かではありませんが、そんな話を近所のお年寄りから聞いたことがあります。
「中央線がありゃよかったになぁ」
そのお年寄りの呟いた言葉が耳に残っています。

と、まあこの先15年後には開通を目指す計画とのことで、そう遠くはない将来にルートが決まることになるでしょうから。
インパクトという意味では、リニアと南アルプス貫通ルートの組み合わせに「夢」を感じます。

天下国家、大都市圏、産業に与える経済効果に理解をしつつも、駅誘致に係る地元負担のこと、そもそも地元民として個人レベルでどれほどの利用がされるだろうか…。
夢は夢、現は現…。

考えさせられます。

<完>

PageTop

バナナダイエット

そう思ったら、たしかに売り場の表情が違う?

全国的なバナナダイエット・ブームでスーパーや八百屋さんの店先からバナナが消えたとか。

おそろしいですね、テレビの影響とは。

Google検索によれば、「バナナダイエット」で約 329,000がヒットしました。
上位にランクされているサイトを読んでみると、人気の秘密はカンタンで楽なこと。
そして、なにより効果があるということが評判になって、口コミで広がったそうです。

お馴染みの「おもいっきりテレビ」で取り上げられたことも手伝って、いっそうのこと知名度が上がったようです。

朝バナナダイエットのやり方などについては、そちらのサイトに譲りますが、要するに
「朝にバナナだけをお腹いっぱいに食べて、水を飲む」
だけなんだそうです。
終日バナナだけ食べているわけではないそうで、確かにバナナに厄介になるのが朝食だけでしたら、お気軽かもしれませんね。

先ごろ、オペラ歌手の森公美子さんのダイエットについてドキュメンタリー番組をやっていたのを、瞬間観た気がします。効果のほどまで確認しませんでしたが。

しかし、売り場から消えるほどにダイエットのために消費されるバナナのことを考えると、ダイエットに向けられる飽くなき欲求を感じざるを得ません。

さて、ダイエットはともかくとして、久しぶりにバナナを食べたくなりました。
ただし、売り場にあればの話ですが。

<完>

PageTop

ルーツを尋ねて

東京で暮らしている友人から連絡がありました。

つい最近になって、自分のルーツに関して記述された出版物の存在を知ったとかです。
うち数冊が飯田図書館にあることがわかったそうです。

数年前に飯喬道路の関係の仕事で飯田を訪れた際に、調べ物で図書館を訪れたときのこと、たまたま郷土史に関するコーナーを見ていたら、興味ある本を見つけたのが切っ掛けだったとか。
仕事そっち抜けで半日くらい、そこで時間を過ごしたそうです。

会社に知られたら大目玉でしょうに(笑)
今度、改めてこちら方面に仕事があった際には図書館に付き合って欲しい…
という話でしたので、快諾しました。

そんなことから、近くに用事があったついでに、図書館に行ってみました。

階上のフロアの奥を案内されて、行ってみますと確かに郷土の地名や人名、団体・企業名などを関したタイトルの本が並んでいます。

「遠山」、「南信濃」をキーワードに数冊手にして見ましたが、思わず時間を忘れそうです。

ページの間に用紙が挟まって、そこにエンピツの筆跡でメモ書きなどが走っていたりすると、そちらに人の温かさが感じられて、本文そっちぬけで筆耕を追いかけてしまいます。

ルーツや系図など考え始めるのは歳をとった証拠などと言われますが、でも、その辺りが記された本の存在を知ったら、やはり興味を否定することはできないでしょう。

改めて、ゆっくり図書館に行ってみたいと思います。

<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。