南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さよなら円楽さん

円楽さんといえば、私らの中では「あの円楽さん」なのですが、なんとその円楽さんは5代目だったんだそうです。
その円楽さんが亡くなったとの報道を受けて、ニュース番組を観ておりましたら、いずれのニュースも大きな扱いで、その大きなニュース性を象徴していたかのようです。

その円楽さんは永らく「笑点」の司会者で知られていましたが、体調不良を理由に番組を降板され、淋しく思っておりましたら、この度の報です。

いかにもテレビ受けする特徴的な風貌ももちろんですが、個性的な語り口調はなんとも魅力的でした。

こんな風に落語家さんの訃報が大きく採り上げられるケースは稀ではないでしょうか?

ここ暫く、円楽さんの生の声を聞けなくて淋しく思っておりましたが、いよいよ二度と肉声を耳にすることができなくなってしまいました。

せめて記録映像の中であっても、円楽さんのあの馬面にもう一度会いたい、落語を聴きたい、さよなら円楽さん…。

ご冥福をお祈りしています。

<完>

スポンサーサイト

PageTop

”運命の…”ドラフト会議

どこのメディアも口と筆をそろえたように
”運命の…”
そのドラフト会議が無事終了しました。

注目選手の交渉権を得たのは、報道のとおりでここでは詳しい内容は遠慮します。

さて、毎年のことですが、
「運命」を演出するそのドラフトのシステム自体にはいまでも賛否があると聞きます。

人が知恵を絞って決めたルールですから、そのルールそのもの、あるいは、運用の方法について意見があることは当然でしょう。

しかし、このドラフト会議はとてもショーアップされた感があって、別の見方があることも否めません。
運命選択の現場であるからこそ、出会いの当事者が公明正大に公開の場で行われるべき性質のものであることは理解できます。
だから、籤を引き当てた側の喜色満面の表情…、そして、意中の球団に引き当てられた側の様々な表情…それらがつぶさに実況され、だからテレビ向きの、格好の素材です。
そんなことも手伝って、野球のことを知っている人はもちろん、そうでない方も巻き込んで、オフ・シーズンの一大イベントは国民的な関心事になっています。

野球に注目が集まることは、たいへん素晴らしいと思います。
そこには、”運命”を弄ぶが如く賛成できないという意見、そして、職業選択の場面に選ぶ・選ばれる手続きは必要という意見、どちらも頷け、耳を傾けることができます。

でも、籤引きを方法に借りて、戦力の均衡を図ろうという、そもそもの発想に問題あり?

あこがれのチームに、そこをあこがれる人々が集まって、自然にチームが形成される…理想的なスタイルは望めないのでしょうか?

以前と違って、今日では価値観も多様化し、一極に人気が集中するようなことは少なくなっているようにも思えます。

いずれにしても、どちらの選手も今のルールで帰属することになったチームで全力を尽くされんことをお祈りしています。


<完>

PageTop

燃料残量警告灯

友人との会話。

「燃料の残量警告灯が点灯したら…どうする?」

どうするもこうするも、
「そろそろ給油しなさい」
と警告を発しているわけで、給油するしかない…そのとおりです。

しかし、警告灯が点灯したからといって、すぐ対処することができない事情も考えられます。

付近にGSが無い、カードの使えるGSが見つからない…。

では、いったい警告灯が点灯して、あとどのくらい走ることができるものなのか…。

同じ車種であっても、乗車人数や荷物の重さ、走行速度、エアコンのオン・オフなどの条件によって随分と変わりがあることは、どなたも体感していらっしゃることだろうと思います。

友人のケースでは
「150kmくらい行けたことがある」
とのことで、それは随分と距離を稼いだものです。

残量が何リットルになったら点灯します…と分かっていれば、平均的な燃費から概算して走れそうな距離を推量することも可能でしょう。
でも、坂道にさしかかると点灯し、平地を走行すると消灯する…そういう話もあって、ヒヤヒヤドキドキを経験された方も多いでしょう。

車種によっては、残燃料を把握して、走行可能な距離を表示してくれる機能を装備したものもあります。

土地勘があって、GSの位置や営業時間など承知している場合はまだしも、出発の時間を問わない急な遠出の可能性など考えると、警告灯のお世話になる前に、早めの給油を心掛けたいものです。

警告灯の機能そのものが故障した場合のことを考えると、それ自身に頼ることは考え物かもしれません。あくまでも目安としたいものです。

<完>

PageTop

新型インフルエンザ

自分自身が罹患することはもちろん、周辺に患者さんがいないと、いまひとつ危機感に乏しい、新型インフルエンザです。

今日未明のこと、アメリカではオバマ大統領が非常事態宣言をしたと報じられ、世界規模での蔓延は確実なようです。

「周囲に罹った方はいらっしゃいますか?」

会う方に、そう尋ねてみると、当地では
「ウ~ン?」
と、反応はいまひとつ。
「どこかの会社では、出社制限がされているそうだ」
と、ウワサのレベル?

知人の病院関係の方に聞いてみましても、
「報道されているほどではないヨ」
と、いたって平静の雰囲気。

嵐の前の静けさ…なのでしょうか?

爆発寸前なのでしょうか?

当地だけは「新型インフルエンザ僻地」、「流行遅れ」であってくれればいいのですが…。

寒さに向かい、月並みですが予防に気をつけるしかありません。

皆様もお大事に。


<完>

PageTop

さよなら ノムさん

日本ハムナインも加わって、ノムさんの胴上げシーン。
老監督の体が5回、宙に舞った場面は感動モノでした。

パ・リーグのクライマックス・シリーズ。
勝数で劣勢の楽天でしたが、ノムさん人気もあって、注目を集めていました。
ただ、今晩が楽天・ノムさんの最後となりました。

敗軍の将、ラスト会見がスタート。
「敗戦監督に話しあんのか?」
から始まったそうです。

さらに、テレビカメラに向かって
「就職、お願いします。明日から浪人です」
と明るく声を張り上げ、笑いを取っている姿は、少し淋しげで…。

「楽天の変貌ぶりが楽しみ。どう変わっていくか」
と、去り行くチームに気配りを期待とを込めて帰りのバスに乗り込んだそうです。

「石の上にも3年、風雪5年」
ノムさんの言ったとおり、このチームでもう一年采配を振るって欲しかった…
来年の今頃に、その結果を確かめたかった。

残念です。

向けられたカメラを気にすることも無く涙する岩隈の姿が印象的でした。

ノムさんの残した「人」という財産は、これからの野球界に永遠に受け継がれていくことでしょう。
そう期待したいと思います。


参考:密着リポとして、「ノムさん、楽天ナインにお別れ」日経スポーツ.comに詳しく、こちらを参考にさせて頂きました。

<完>

PageTop

危ない! 子供さんを残してのキー閉じ込み

JAFの会員誌「JAF Mate」に気になる記事がありました。

子供さんを車内に残したままの「キー閉じ込み」!
さぁ、困った…と救援依頼が2ヶ月間で391件もあったそうです。

原因の2割が車内にいる子供がドアロックやリモコンのキーに触って、誤ってドアロックが作動してしまった…というものだそうです。

天候や季節によっては、子供さんが車内に閉じ込められると言うことは、高温に長時間閉じ込められることを意味しており、たいへん危険なことです。

ロックされたら、車内から子供さんが開けたらいい…
確かにそのとおりですが、その場合には救援依頼につながっていないわけで、ここに数字として表れない…
ですから、そんなカンタンにも思えることが上手くいかなくて「お助け!」となったケースがそれほどの数に上るということなのでしょう。

子供さんの年齢にもよりますが、車内に子供さんを残さない、子供さんにキーやリモコンを触らせない、ロックする場合は確実にキーを手に持って行うこと…そんな基本的な回避策が望まれますね。
(参考:JAF Mate 7月号)


<完>

PageTop

おかしま

「正座」または「正座すること」を、当地では「おかしま」あるいは「おかしま・する」と表わします。
文字にするケースは一般的ではありませんが、お年寄りと話をしていると、ときどき耳にした記憶です。

使い方は…
「ちゃんと、おかしまして食べなッ!」
「おかしまできとるじゃ、えらいなぁ~」

それぞれの意味ですが
「きちんと正座をして(ご飯を)食べなさい!」
「正座ができて、偉いものだ」

仕事の現場では、当地の方に限らず、全国各地の方とお話しする機会が多いので、そんなときに敢えて「おかしま」という方言を遣う場面は皆無でしょう。

「おかしま」に限らず、各地から起こしになった方に方言の一端を披瀝しますと、その何ともやさしい当地の方言の響きに感心される場面が多々あります。
「かんな」
なんていう言葉などは、その代表格かもしれません。
意味も響きも、おそらく京都地方の
「かんにんな」
に通じるのでしょうが、「堪忍」という明確な意味を持った漢字を想起させてしまう一方で、「かんな」はさらにやさしく響くような気がします。

さて、
「おかしま」という方言は、大人の風景より、どちらかというと子供の風景を思い出すのはなぜでしょう。

先の用例も、大人の風景で使ったら、ちょっと違和感が漂いますが…。
思いつくのも子供の風景、それも子供と大人の風景です。

などと思いつつ、方言に包まれた環境が懐かしく。

当地の方言には、やさしい秋の陽射しが似合います。


<完>

PageTop

祝! アルゼンチン

あのマラドーナが号泣する姿がとても印象的でした。

やっとのこと本大会出場を決めたアルゼンチン!

その苦労の過程が彼の涙に象徴されている…。

試合内容については情報が入っておりませんが、まずは結果報道を受けて、手短にお祝辞まで。


<完>

PageTop

勝ち癖、負け癖、ドロー癖

負け癖、ドロー癖が着くと、勝利の感触が遠のく…

誰が見ても間違いなく格下と言われる試合相手を迎え、しかも、相手は準備不足を言われ、ファイティングスピリットに問題あり…そんな相手チームであったとしても、結果は問われる。
勝ち方も問われる。

昨日のトーゴ戦はそんなゲームだったのでしょう。

サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップのこと。
宮城スタジアムで行われたこの試合ですが、日本代表がトーゴ代表チームにに5-0で快勝しました。

選手起用から布陣など、まず勝つことを前提に、テスト、テスト、テストの感じがして、真剣モードの練習試合のようだった?

注目は岡崎と代表2試合目で初先発の森本。
両名を2トップに置く布陣。点取りモードの予感がしました。

先のゲームで存在感を示した森本のアイスブレーク、代表初得点が期待されましたが、キッチリ結果を出してくれた…
岡崎はこの日3点で、負けじと存在感を示し、勝ちパターンを身体に覚えるには最適なゲームだったのではないでしょうか。

細かなところは調整不足、連係不足もありましたが結果オーライでしょう。

この先、日本は11月14日に南アフリカとヨハネスブルクで国際親善試合。
同じく18日には、アジア・カップ最終予選を敵地・香港で戦う予定です。

あと8ヶ月。
本戦ベスト4の目標はともかくとして、一戦一戦結果を出してもらいたいものです。

ガンバレ ニッポン


<完>
 

PageTop

「はままつフルーツパーク」で「長野県飯田市産直市」

三遠南信つながりの「はままつフルーツパーク」では、「秋の収穫祭」のイベントとして「長野県飯田市産直市」が開催されています。

飯田市といえばリンゴ並木のまち。
その飯田市から農家の方が運んだ自慢の農作物が販売される!

まさに旬を迎え、採りたてリンゴですから、歯ごたえ十分。

フルーツパーク内には、「飯田市浜松市りんご交流記念」にと、飯田市から贈られたリンゴの樹で並木が形成されています。
そんなところで当地との縁の印を見つけると、とても嬉しい気持ちになります。

詳しいことは、ぜひ、こちらを参考にしてみてください。

 ⇒ はままつフルーツパーク

 ⇒ 長野県飯田市産直市


<完>

PageTop

体育の日

ハッピーマンデーのお陰で、その年のカレンダー事情で飛び飛びになりそうな休日が、確実に連休になりました。

ただ、その影響で、もともと特定の日に冠されていた呼称と日程が一致しなくなって、少し年齢が上の方々には多少なりとも混乱を生じているようです(笑)。

その1つが、「体育の日」。
「敬老の日」もそうでしょう。

それぞれ、連想ゲームではありませんが、10月10日であり、9月15日でした。

そう染み付いている?

もっと年齢が上になりますと、日にちは変わりませんが、「勤労感謝の日」が「新嘗祭」だったり。
だから、その方々にとっては、11月23日といえば「新嘗祭」なのです。

世の中と共に、祝祭日も確実に変化しているのですね。

今年の体育の日は…10月12日だそうです。
「だそうです」とは、その年によって変化することの証。

シルバーウイーク以来、今年の秋の連休は実に充実しています。

次は「勤労感謝の日」を絡めて。

さあ、天候に恵まれた秋の一日をどうお過ごしになりますか?


<完>

PageTop

台風18号

久々に大型台風の来襲です。

来襲の都度、喉元を過ぎるとなんとか…で、つい、自然の威力を忘れがちなのですが、さすが明日来る! となると、身構えます。

雨も風も、両方とも脅威といわれる18号です。

友人によれば、収穫を目前に、今、注目のリンゴ…シナノスイートの農家では、収穫時季が少々早いのを覚悟の上で、どんどんもぎ取ったんだそうです。

多少、早めに収穫しても追熟させることができるので、落果よりとりあえず商品価値が高いそうなんです。
ところが、同じく時季を迎えた市田柿などは、今、この時季に収穫するわけにもいかず、落果することなく、ただただ風が通り過ぎるのを待つしかないんだそうで。
たいそう気をもんでいました。

ずいぶんと風が強くなってきました。
ガラス窓を叩く雨音も激しさを増しています。

ともかく、何事も無く1日が過ぎることを祈りましょう。

<完>

PageTop

祝! ノムさん

本人の口から
「月見草…」
に例えた言葉が出たそうですが、太陽と月のその月に由来する月見草に自らを例え、それが妙に納得できる、そんな魅力を醸すのがご存知、野村克也楽天監督です。

御年74歳と聞けば、すでに枯れていていい歳だし、環境が環境なら「いいお爺ちゃん」と言うべき年齢のはずなのですが、まるっきりそれを感じさせないのは、本当に頭が下がります。

今年が球団との契約、最終年だそうで。
もしそのまま契約の更改がされなければ、おそらく監督引退。
それで何らの問題も無い、むしろ拍手を送られて勇退…という境遇でしょう。

その最終年にCSに出場権を得て、さらにその戦いを有利な本拠地…つまりホームで戦えることを狙っているわけで、勝負の世界でそうした局面に対しても決して気を許さない姿勢に敬服します。

さて、まずはCSに臨むわけで、ただ今の勢いでシリーズに突入したならば、
「ひょっとして?」
の予感さえします。

とにかく、がんばれノムさん。


<完>

PageTop

おめでとう! リオ

日本人としてみれば、東京落選は残念至極。
しかし、地球人的にみたら、リオ当選は喜ばしい結果と思います。

懐深く、おめでとう、リオ。

"Rio de Janeiro"とはポルトガル語で「1月の川」という意味だそうですが、そうしたことの理解から始まって、今後にリオに関する話題にこと欠くことは少なくなることでしょう。

ワールドカップの開催に引き続いて、連続で金的を射たリオの発展に、心から期待したいと思います。

話題は変わりますが、久々に拝見したキング・ペレの雄姿に感動したのは…大勢いらしたことでしょう。

再び、ビバ! リオ!


<完>

PageTop

残念! 東京。

LIVEのテレビ画像が伝えるのは「東京落選」の4文字。

第1回目の投票で、ライバル・シカゴが落選して、
「これはいける」
と思ったのは、深夜にも関わらず見守っていた全国のサポーターだったでしょう。

ところが…

理由はさまざまあるでしょうが、とにかく「落選」の事実は変えようも無く…。

潮が引くように気持ちが引いていくのが分かります。

なぜでしょうか。
「水引つながり」が故にでしょう、飯田市庁舎内に並び掲げられていた、あの水引をあしらった招致推進の幟のことが思い出されました。

ひたすら残念。


※原稿の時点では、どの都市に決定したか、発表前です。
予想では…ペレに敬意を表してリオに決まったらいいですね。
さて、結果は如何に?


<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。