南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お年取り

当地では大晦日のこと、あるいは大晦日に行われる一連の行いを「年取り」または「お年取り」と言います。

全国的にそう称するのか、よく知りませんが、おそらく「数え」で年齢を重ねる古い習わしからすれば、たしかに大晦日を明けたら、新年に1歳「年を取る」わけですから、そう称したのでしょう。

毎月の最後の日が晦日(みそか)で、一年の最後の日を大晦日…、役者の出番を「とり」、「大とり」なんていうのと同じなのでしょう。

さて、皆さんはどうおすごしでしょう?

お客商売の方など一部を除いて、大方がこんな具合でしょう。

遅くとも午前中には家の内外の掃除をすませます。

お正月の料理の準備…買出しに料理にと、大忙し…
あれが足りない、これが無い…と、あたふたしないように,ゆとりをもって過ごしたい…でも、なかなかそうとばかりは行かない気もします。

今でこそ、物が溢れる時代ですが、物の少ない頃には、新年になってこそ下着や足袋・下駄を取り替えていたそうです。
物を大切にする気持ちの表れであり、また、1年の汚れを心機一転取り去って,身も心も一新して新年に向かったことでしょう。

さて、お年取りの夜といえば「ご馳走」が楽しみです。

お正月よりも豪勢に用意する傾向にあるようですが…というより、お年取り料理の「余り物」がお正月に回る…だから、おのずと料理はお年取りに重点が置かれることになる…? というのが正解のように思うのですが、如何でしょう?

お年取りに付き物の魚は、当地では「ブリ」と「サケ」が混在する土地柄のようです。

年を重ねると、あの脂の乗った「ブリ」が敬遠される傾向にあるようで、そんなとき、当地では選択肢があって「サケ」に流れる…? ちょっと優柔不断な気もしますが。

さて、もうひとつ欠かせないのが「年越しそば」。
長~く、お幸せに…という願いを込めて。
縁起物の食べ物ですが、当地では必ずしも「必須」ではなかった…とおっしゃるお年寄りもいらして、こうした習わしも変化するのでしょうか。
「恵方巻き」がコンビニのマーケティングで全国区になったように。

TVも紅白だけではなく、民放番組で選択肢も広がっていますし、まあ、かくのごとくお年取りの風景も徐々に移り変わる様子で、興味深くもあります。

とまあ、今日は朝から忙しい中でしたが、年末のご挨拶も併せて、「お年取り考」で閉めたいと思います。

それでは、1年間ありがとうございました。

どちら様も、よいお年をお迎えくださいませ。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

仕事納め

古くは御用納めなどと言って、おそらく武家さんに仕える家来たちが、年末のお勤めは「ここまで!」という、その日のことを指したんだと思います。

「御用だ!御用だ!」
の御用です。

お役所勤めを「宮仕え」などと言いますから、公務員の皆さんにとっては、まさに「御用納め」でいいのかもしれません。

だれが決めたか、慣例なのでしょうか、仕事納め、御用納めは12月28日と決まっている(?)のが相場なようでした、2010年は今日がその日。

公官庁の通常業務は今日まででしょうから、一般も右に倣え…なのでしょうか。

そう思って、ちょっと調べてみました。
すると、
「行政機関の休日に関する法律」
と名付けられた分かりやすい名前の法律があって、12月29日から1月3日までを休日として定めているんだそうです。
だから、必然的に12月28日が年末の最終業務日…つまり、御用納めの日になるわけです。
ちなみに、昭和63年に法律になったんだそうで。

では、12月28日が土曜日や日曜日に当たるときは、さてどうなる?
それぞれの場合に、12月27日または26日が御用納めとなる…考えてみれば当然ですが。

したがって、お役所が休みだったら…と、一般の企業さんでも、これに倣っているところが多くなるのは当然です。
ただ、12月29日を仕事納めとする企業も結構あると聞きます。
たった1日の違い…でも、こんなご時世ですから、休んでばかりはおられまい…経営者の確かな心境かもしれません。

ところで、銀行などの金融機関では、さて?
12月30日まで窓口業務を行っています。ご苦労様です。
12月30日が土曜日に当たるときは12月29日で窓口業務を終了…これも、分かりやすい。

ところで、年明けの業務を開始する日…、つまり「仕事始め」あるいは「御用始め」は官公庁や金融機関では1月4日、その1月4日が土曜日・日曜日に当たるときは、それぞれ1月6日・5日が御用始めとなって、ここだけ見ればなぜか得した気分になる…

と、まあ何事もケース・バイ・ケース…、人それぞれ。

年末年始のご予定は如何ですか?


<完>


PageTop

雪の朝

ホワイト・クリスマス…などと言って喜んでばかりはおられません。

12月にしては寒い!

1月下旬、2月の初旬…あの最も寒い時期を思い出させるほどの寒さです。

当地では雪の量こそ知れていますが、寒さは第一級です。

このまま新年に突入かと思うと気が重くなりますが、寒くても、暖かくても、正月はやってくる。

というわけで、新聞の折込チラシが今朝を境に、一気に正月モードに切り替わりました。

新年まで1週間を切って、準備のほどは如何ほどでしょうか。

昔と違って、飽食の時代だけに食べたいものが食べたいときに、いつでも手に入る…季節感が無い変わりに、食べられないという危機感も同時に失われてしまった。

お正月にご馳走を…という基本的なスタイルは変わりないのでしょうが、でも、「食」に取り組む姿勢というか、とらえ方が違っている。。

正月に欠かせない食材が、時を選ばずに手に入る…

でも、やっぱり正月に口にしてこそ、価値がある…と思えば、やはり、こぞって準備に奔走してしまいます。

と、まあ、今朝も連日の雪の朝になりましたが、正月準備に最後の日曜日。

さて、どのようにお過ごしでしょうか?


<完>

PageTop

クリスマス・イブ

クリスマス寒波が来襲…
冬らしい寒さが襲ってきた!

クリスマスは、やはりこの寒さが似合います。

明日の天気予報は雪だるまのマーク。

予報どおりにホワイト・クリスマスになるのでしょうか。

さて、クリスマスというとイルミネーションが全国各地で開催されているようです。

一般の民家の軒先も規模の大小はありますが、キラキラと趣向を凝らしたイルミネーション。

この季節、空気が澄んでいるので、光の輝きが一層増すんだそうで、冬の星座が素晴らしいのとあい通じるものがあります。

そもそも、特定の宗教の行事だったはずですが、その別を問わずに世界の平和を祈る、地球規模のイベントとして捉えることもできるでしょう。

この年の瀬、明日はクリスマス。

無事に過ごせば、年末から正月に向かって一気に雪崩れ込むように、時が進んでいくことでしょう。

毎年のことですが、慌しくなります。

一層の寒さに備えて、元気にお過ごしください。


<完>

PageTop

冬至のかぼちゃ

今日では、季節感のかけらもなく、年中、何でも口にすることができるようになったので、「冬至」という季節感たっぷりの言葉と「かぼちゃ」は、すんなりとは受け容れられなくなった…そんな感じがします。

言葉の中の世界のことかな…と思っていたら、周囲にはかぼちゃを食べて、ゆず湯に入る…を実践している方が意外と多いことに気付きました。

なぜ?

と、思ったらスーパーの店頭で、キャンペーンというか、売出しをしていて、それに触発されて…というところに理由がありそうです。

以前なら、かぼちゃは夏の収穫なハズですから、ここまで保存してあったものが使われたのでしょう。

ゆずは季節のものですね。

それらを店頭に並べて…さあ、どうぞ!

となるわけで、思わず手が伸びてしまう。

理由はともあれ、そうした習わしが受け継がれていくことは、たいへん素晴らしいことです。

そもそも、この時季、古来より風邪の季節なわけで、体を養生するには滋養のあるかぼちゃを食べて、ゆず湯に浸かって体を温めて…という、昔の人の知恵の賜物です。

さて、思いのほか暖かかった今年の冬至ですが、これから益々、寒さに向かいます。

どちら様もお体、お大切に。


<完>

PageTop

ラグビーの季節

サッカーに季節感を感じないのに、ラグビーは冬! そう思い込んでいるわけではないのですが、イメージは「冬」

あの肉弾あい撃つ、ぶつかり合いのイメージは夏には少々、きつ過ぎるのかもしれません。

ウインタースポーツ…というと、雪や氷が付き物ですが、ラグビーやアメフトもそれに含まれてもいいかもしれません。少々、無理があるかもしれませんが。

さて、昨日も大学ラグビーやアメフトの好ゲームが展開された様子で、サッカーとはまた異なった醍醐味をニュース枠ではありますが、映像で堪能したところです。

盛り上がりという点で、ボールを抱えてゴールラインを目指して疾走する姿は、歓声を呼ぶに十分です。

長野県の中でも、飯田・下伊那はラグビーが盛んな土地柄なんだそうで、高校生レベルでは毎年のように花園出場を競っています。

小学生から地域のクラブ組織があって、経験豊かな指導者の方がついて手ほどきしている様子を見聞きするにつけ、サッカーもいいけれど、ラグビーもいいね…野球やサッカーと違ってトップレベルにプロ組織が無いことが残念…とは、お子さんをクラブに通わせる親御さんの言葉です。

ともかく、花園が間近に迫り、いよいよ本格化するラグビーシーズンが楽しみです。


<完>

PageTop

手作りの門松

門松といえばお正月、お正月といえば門松、切っても切れない縁です。

その門松を手作りする…そう意気込んでいる知人の方。

詳しく聞いてみると、時間さえあれば…そう思えてくるので不思議です。

そう話を聞いて、サイト検索してみたら、ありました。

いろいろな作り方があるもので、感心です。

その多くは…

エンジンオイルなどの入っていたペール缶や適当な大きさのバケツをベースに…

問題なのは、竹をスパッと…あの鋭い切り口で3本揃えられるか…

なんだそうで、確かに竹を切るのは手ごわそうです。

仕事の合間をみては、少しずつ取り組むんだそうですが、年末に間に合うでしょうか…本人も心配でしたが。

ただ、間に合わなければ、手軽な小振りの松を買ってくればイイ…と、いたってのんびりしたものです。

ともかく、余すところ10日あまり。

福来る門松が年の瀬に間に合いますよう、お祈りするばかりです。


<完>

PageTop

正月準備

ちょっと気が早い話題かもしれませんが…
新聞朝刊の折り込みチラシに、ちらほらと「正月」を感じさせる広告が目立つようになりました。

正月を前にして、「クリスマス」の広告ももちろんあるのですが、こちらは随分と前から前哨戦の様相で、なんとなく目も慣れてしまって、むしろ、「正月」が新鮮な感じがします。

干支が変わるくらいで、毎年大きな変化が無くなりつつある…と言えば、それっきりなのですが、しかし、確かに正月行事が均一化しつつある?

大晦日の過ごし方、年越し蕎麦のこと、お買い初めのこと…、細かく注意してみると、そして、古老に昔の正月の過ごし方など聞く限り、変化しています。

クルマの普及や寒さ対策、暮らし向きが変わったから、正月の過ごし方だって変わって当たり前といえば当たり前です。

良し悪しはともかくとしての話、以前なら元旦に商店を開いているケースは少なかったように記憶しています。静かに迎えた元日の、その翌日が買い初め…、商店にしてみたら売り初め…だった。今日では、元日営業は当たり前。

年中無休を標榜して止まない商魂のたくましさは、当然にそこに勤める皆さんの年越し、年始の過ごし方にまで影響を与えるわけで。
おそらく世の中全体が以前のような正月に戻ることはないのでしょう。

せいぜい、のんびりと、ゆっくりと過ごすしかなかった、かつての正月でしたが、そんな正月がむしろ貴重になる? 贅沢な過ごし方になる?

そのようなわけで、今年も余すところ、約2週間。

年の区切りをつけておきたいことが山ほど残っているのに、カレンダーの残日数は、なんとも残酷です。

くれぐれも体に気をつけて、乗り切りましょう年末年始。

お大事に。


<完>

PageTop

一旦停止

唐突ですが、クルマの運転中の一旦停止は大事です。

というのは、知人がたいへん怖い目に遭った…という話。

いつも通いなれた丁字路で、本線に出る細い路地側は一旦停止義務の標識があることを百も承知の知人。

前方、本線似れるべく路地を走行するクルマを見て、当然に一旦停止する「だろう」

ところが、予想に反して…多少スピードは落としたのでしょうが何ら止まる気配も無く、そのクルマはスーッと交差点に入ってきたのだそうです。

正確には「一時停止義務」というらしいのですが、あの赤い逆三角に「止まれ」の標識です。

取締りしていることで有名な交差点はいざしらず、結構、あの標識を見落とす人が多いとか。

また、止まりはしないものの、スピードを落として、ソロソロと出てくるクルマや止まりはするものの交差点の手前に引かれた停止線をオーバーして止まる…先の例ももちろんですが、全部、一時停止義務違反なんだそうです。

「そうです」とは他人事みたいですが、言われてみたらそのとおり。教習所だったらキッチリ、減点対象。

停止線を超えることについては、見渡しのいいところまでつい出てしまった…という理由が多いようですが、よれにしても、一旦は停止線にキッチリ止まって、そこから見渡しのいいところまでゆっくり進めばよろしいいわけで、安全運転という意味では、とにかく忠実に義務を履行することのぽか無いようです。

あと、「止まれ」の標識は掲げられていなくても、見通しが悪いので、安全走行のためには止まらざるを得ないような交差点もあります。

ほんとうなら、安全運転に対する認識に個人差などあってはならないと思うのですが、たかが一時停止などと言わずに、こうした基本的な安全行動から実践したいものです。

お気をつけ下さい。


<完>

PageTop

祝 JFL昇進 長野パルセイロ!

JFLに長野県内から2チーム!

そもそも「県」という行政区割りで、そのエリアから

「2チームがJFLに進出した…」

などと言ってみても、グローバルなFIFAという単位で考えてみれば、それはどうでもいい(?)事なのかもしれませんが…。

それでも、地元密着のファンの皆さんにとってみたら、上位のカテゴリーに進出するか、しないか…という問題は、それはそれで、たいへん大きな問題なのであって。

そうした意味では、長野県という圏域かた、今般のパルセイロと以前より山雅が、揃ってJFLに在ることには、まずは…おめでとうございます、というわけです。

がんばれ地元のチームたち!

来年が楽しみです。


<完>

PageTop

冬支度

よくよく考えてみましたら、12月に入っていたわけで、陽気ともかくとして世の中は「冬」。

ここのところの冬らしい気温が手伝って、にわかに冬支度のようです。

特に、冬タイヤの準備が急です。

自分で履き替えられる人はともかく、ディーラーさんやGSの工場は、予約などで大忙しのようです。

最近では、シーズンごとにタイヤを預かってくれるという、ありがたいサービスも一般的になったようで、

「助かっている」

という声をよく聞きます。

アパートやマンション住まいでは、夏冬タイヤの何れかが不要のシーズンには、置き場所が必要になるわけですから、今日の住宅事情を考えた…当を得たご商売です。

さて、冬タイヤの準備このことで、友人との会話。

4本を新品に履き替えると、10万円以上のタイヤ代金がかかる…そこで、格安の新品冬タイヤを吐き潰すまで…つまり、オールシーズン履き通す…というのです。

なるほど、ホイールも1セット、履き替えや廃棄のサイクルは多少、短くなるとの予想ですが、手間に係るコストは半減…

安全性の問題などありますので、高速運転のことや距離の出方のことなど考えなければなりませんが…と、注意も必要のようです。

今年の冬の雪の量はいかがでしょうか。

本格的な雪を前に、前触れのような雪がタイヤの履き替えを催促しているようです。

お早めに。


<完>

PageTop

Jリーグ2010年MVP

やはりリーグ優勝チームは強い!

グランパスから監督、選手の選出が目白押しです。

Jリーグの1年を締めくくる『2010Jリーグアウォーズ』が発表されました。

Jリーグ史上、初めてのことなんだそうですが…ゴールキーパーから最優秀選手賞(MVP)に選出されました。

ちょっと意外…、20年近い歴史がある中で初受賞とは。

受賞した楢崎選手の言葉にもありましたが、後に続くGKの励みになることでしょう。

ところで、ちょっと別の話になりますが、この晴れがましい席上に勢ぞろいした受賞者たちの正装が凛々しい。

毎年のことですから、きっと受賞者には厳正なドレスコードが適用され、会場の雰囲気を格調高くしようという主催者側の意図なんでしょうが。

普段、ユニフォームに身を包んでピッチを駆け回る選手たちの姿とのギャップが大きい分、ドレスが映えます。

鍛え抜かれた身体を正装に包んで、壇上に勢ぞろいするとそれだけで絵になるものです。

もうひとつ、最優秀監督賞に輝いたストイコビッチ監督も素晴らしい。

優秀なプレーヤーでもあり、監督でもあり、天から与えられたニ物は羨ましい。


受賞した皆さんはもちろん、受賞を逃した皆さんも揃って、ぜひ来年も楽しませて下さい。


<完>

PageTop

東京からJ1が消えた!

「地方の時代」と言いますが、サッカー界もその様相です。

Jリーグも大詰めを向かえ、早々と優勝を決めたグランパスの話題は先にも取り上げたとおりですが、もう一つの注目は入れ替えのこと。

ついにFC東京がJ1の座を滑り落ちてしまった…、「滑る」とは言い過ぎかもしませんが、でも、必至に両手、片手を掛けていたJ1ステージからツルッと…

昨日の戦いぶりを改めてニュースで拝見しましたが、さもありなん。

チーム経営とチーム力は必ずしもイコールとは言えないものの、やはり有力な選手を技術面でもメンタル面でも維持しつつ、入場収入をメインとする売上と収支を健全に維持するのは、並大抵ではないと思います。

今回は、チーム力が足らずに、J1に残れなかった…ファンにとっては残念な結果ですが、でも、その憂き目はいずれの地域にあっても、等しく可能性があるわけで、まさか
「東京のチームだから…」
というようなおごりはないと思います。

かつてのベルディーを東京とみるか川崎とみるかは複雑ですが、こちらはチーム力も経営面も、なんとも残念な状況にあります。

それぞれに環境は異なりますが、当面はFC東京のいち早いJ1復帰を期待しましょう。

ということは、来年以降に降格のチームがあるわけで、なんとも複雑な気分です。

とにかく、勝負の世界のことですから、どちらのチームも頑張ってもらって、サッカーファンをうならせて欲しいものです。


<完>

PageTop

Wiki … とは?


そもそも、"Wiki"とは…、Webブラウザから簡単にWebページの発行・編集などが行なえる、Webコンテンツ管理システム…のことなんだそうですが、余計に分からなくなってしまった?

要するに、だれでも自由に書き込みや編集ができる仕組みなんだそうです。

「自由に」と言ったって一定のルールがあると思うのですが。

その名を知らしめた代表格の"Wikipedia"は、手元に分厚い百科事典を並べているかのような情報量と使いやすさで、たいへん重宝しています。
そう感じている方もおおいことでしょう。

でも、今回の"Wiki"は"Wiki"でも"Leaks"の場合はちょっと別ですね。

当のアメリカ政府ではてんやわんやの様相だそうですが、そうした情報の当事者にも影響は必至でしょう。

内部告発の正当性や、市民の知る権利…それら普段にはあまり関心を持たなかった件では、かんがえさせられるところです。

プライバシーの問題など関連してくると、けっして他人事ではありませんし、目が離せません。


<完>

PageTop

ドーハのトラウマか

ドーハの悲劇…とは、日本サッカー会の伝説となりつつありましたが、今回の2022W杯開催国決定の件では、それを再び現実の世界に呼び覚まされました。

ドーハは今回、2022年W杯の開催国に決まったカタールの首都。

かつてドーハでは、引き分けたことでW杯の出場権を逃したのだけれど、今回はどうも完敗の様相です。

FIFAそのものが、世界最大のスポーツイベント・プロモーターである…とも言われる中で、油田だか天然ガスだかで富を築いた同国と、同国の王朝と仲良くしておくことが、どれだけのメリットがあるだろうか…、うがった見方をすれば、そうしたある意味で当然の"判断"があったとも受け取ることができ…、まあ仕方ないかな、という感じです。

しかし、このところ大きなスポーツイベントの招致に連敗している様子を見ると、世相というか今日の有り様を象徴しているかのようにも思えて、少々複雑な気分です。

東京オリンピックだ、万博だ…と、かつての隆盛を知る世代の方々にしてみれば、懐かしいというか、反面、現在の低調がもどかしい…かもしれませんね。

ともあれ、今度は何の招致に向かうのでしょうか?


<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。