南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は年度末

以前にも書いたことがありますが、「年度」にもいろいろあって、「いも年度」、「麦年度」なんていうものもあるそうで。

ただ、今日はその中でも最も馴染みのある「年度」の「年度末」。

この年度とは「会計年度」のことなのでしょうか、それとも「学校年度」…いずれにしても3月31日で締めて、4月1日から新しい年度がスタートする…このサイクルが、暦の周期と同期するかのようで、春の訪れとともに迎える新年度…という感じがします。

ただ、これも南北に長いわが国では、きっと北の国では1ヶ月程度の違いがあると思います。

この制度、明治時代からのことらしく、当時から明治政府、首都東京での季節感の読み方と連動しているような気がしてなりません。

その当時に、どこか別の場所が首都だったら、年度の始まりが3月1日だったり、5月1日だったりした可能性も否定できませんね。

そういえば、4月1日生まれの人は、学齢では3月生まれの人と同じ…なんとなく、違和感がありました。

人に尋ねたところ、「満何歳」というと4月1日生まれの人は3月31日では「満年齢」に満たないので、したがって、翌日が来て初めて「満」を満たす…だから、学齢では3月31日生まれの人と同じ学年になる…

なるほど、根拠は法律でした。

きっと、学校や教育のことを既定した法律にそう書かれているのでしょう。

ともかく、今日は平成22年の年度末。

役所に勤める知人から、4月1日をもって転勤の挨拶が届きました。

新しい年度に新たな期待を込めて、明日から再スタートしたいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

風予報

慣れ親しんだ

「天気予報」

という言葉なのですが、最近では時節柄

「風予報」

を耳にすることが多くなりました。

TVのニュース報道の一部では、

「北風に乗って海から内陸に向かって…」

と、より具体的にコメントを加えています。

問題の原発トラブルに際して、放射能が直接に間接に、私たちの健康に与える影響について、その日の風向きとの関連で注意を喚起することを目の当たりにしたのは、初めての経験です。

それほどに多くの人たちの関心を集めているわけで、日々、当の問題解決はどう進んでいるのか、心配は募るばかりです。

ただ、風評も大きな問題で、例えば福島産の「米」までその被害に遭っているとか。

そもそも、昨年の秋に収穫された22年度産の米が、今回の放射能禍に見舞われるはずもなく、冷静になって考えたなら、なんらの心配はないはずです。

友人の一人は

「ネットで福島産の米が売られていたので、選んで注文した」

と。

風予報は必要ですが、風評、風の評判は願い下げです。

この風予報が一日も早く、その必要がなくなる日を心待ちにしています。


<完>

PageTop

なごり雪

その場所、その場所で、なごりの雪の時期は、おそらく違いがあるものと思います。

当地では、どうでしょう、今朝の雪がそれにあたるでしょうか。

ネットで検索してみたところ、国語の辞書的な解説より、歌手のイルカさんの歌唱でお馴染みの、あの楽曲に関するものが多くみられます。

雪そのものの性質や種類を指すのではなく、季節感を表現した言葉と思います。

俳句の季語としては「春」となっていますから、やはり、この時期で間違いなさそうです。

もちろん、積もるほどではありませんでしたが、しかし、朝のうちはクルマの天井に薄く雪を装って、ときどき雪の粉を散らしながらすれ違いが、そこそこありました。

治部坂方面は国道に積雪したとかで、こちらや平谷のスキー場なども新雪で、まだまだ営業していたそうです。

たしかに3月も彼岸を過ぎて、もう4月がそこまで…この時期にしては寒かったですね。

雪はともかく、明日もまだこの寒さが続くそうですから、体調管理がたいへんです。

そういえば、境を接する愛知県や静岡県の辺りでは、桜が咲いているとか。

南信州なら天龍村あたりはどうなんでしょう。

桜の便りも間近です。

本当のなごり雪になって欲しいものです。


<完>

PageTop

水道水

いよいよ水道水にまで…

多少なりとも放射能が検出されたとなると、基準値の内だ、外だの議論もさることながら、気持ちのいいものではありません。

幸い、当地の水道への影響はないそうですが。

そうは言っても、国という単位で考えると放ってはおけません。

基準値を上回れば摂取制限が発動されたり、特に影響が大きいとされる乳幼児のことを考えると親御さんとしては穏やかではありません。

飯田市の給水隊が東京に向かったという話も聞きました。
ご苦労様です。

基準値を超えた、その後に下回った…という報道も頻繁ですが、やはりその影響下にあることには変わりなく、この混乱はいつ頃までつづくことになるのでしょうか。

蛇口をひねれば安全な飲料水が提供されるという、当たり前のようで、ある意味で画期的な社会システムですが、事が起きた場合には消費者は選びようが無い…つまり、口にするか、口にしないかの選択が残るのみです。

今後に、希釈されて数値は下がる方向にあるとのことですので、当の福島の原発にこれ以上の問題が起こらないよう、ただただ祈るのみです。

現状であれば、シャワーや歯磨きなどに水道水を使うことは問題がないとの報道もあります。

いずれにしても、この先の推移を見守りたいと思います。


<完>

PageTop

春の彼岸

今日は久しぶりに、意識して大地震に関連の話題から離れてみたいと思います。

さて、ここに取って着けたようなテーマ選びですが、今日は「春の彼岸」、お中日です。

この言い方自体は「彼岸」が仏教に由来する言葉なんだそうですから、さて異教徒の方々はなんとする?
とか、余計なことを心配しているところですが。

いずれにしても、太陽が南北の回帰線を折り返す日に相当するんだそうで、地球の回転軸が傾いていることに由来して、暦の上では重要なイベントに相当するわけでして、さすがこの辺りになると宗教の別には関わり無く(?)私たちに均しくもたらされる、自然の恵み、わが国の場合には四季という贈り物なのかもしれません。

さて、今回のタイトルを「春の彼岸」としましたが、俳句に詳しい方に言わせると、
「彼岸は春に決まっとる!」
んだそうで。
「今さら、何を言う」
の世界かな?

つまり、俳句に付き物の「季語」としては「彼岸」といえば当然に春の彼岸を指すと…。

それだったら…と、
「じゃあ、季節が秋の場合だったらどうするの?…」
と質すと、
「秋彼岸」
と表して、区別している…とか。

たしかに、この辺りの遣い方を正確に区別することは、季節感を大切にする俳句の世界では当たり前のことなのかもしれません。

そんなわけで、物知りの方には「春の彼岸」という言葉遣いは奇異に映るかも知れません。


ともあれ、当地では昨夜来の雨、久々の恵みを得て、一層のこと春が進んでいきます。

一雨、一雨、それごとに春が近づいて来る…それを実感せずにはおられません。

最後になりましたが、まだまだ厳しい寒さの中にあると言われる東北地方の皆さんにも、一日も早く春が巡りますよう、月並みではありますがお祈り申し上げております。


<完>

PageTop

再び原発のこと

ニュース報道を観ていると、大津波による被災状況に関するものが多いのは確かですが、同じくらいの比重で
「原発」
のことが大きく取り上げられています。

放射能による「被ばく」のことが数字を掲げて報じられますが、気になるのは「通常の何倍…」というその数字の大きさがやけに強調されているように感じてしまうのは…、何故でしょう?

この頃になって、例えばMRI検査や胸部X線撮影の際の放射能量などに比較して、図表や言葉で示して
「この数字の意味はこんな程度などですよ」
という説明の仕方が出てきて、少しでも安心感を与えよう…、無用な恐怖を煽るのはやめよう…という、送り手側の意図のようなものを感じることができるようになりました。

しかし、だからといって今般の事態の問題の大きさが変わるものでもなく、現場からは依然として緊迫した様子が伝えられています。

当の現場には少なくとも、私たちと同じ生身の人間が事態に立ち向かっておられるわけで、いくら防護服で防護し…、モニタリングしながら…とか言っても、危険にさらされておられる状況には変わりは無く、そのご苦労に敬服するばかりです。

原発そのものの問題もさることながら、計画停電の影響のことでしたり、それらが経済に与える悪影響のことなど、本当に暗い、先行きの不透明さばかりが際立って、一時たりとも安閑としてはおられない…そんな雰囲気が漂っています。

近い方々との会話の端々に、不幸にも被災された知人・縁者の方がおられないか…などなど、それらを確かめ合うことが多く、早くも1週間を過ぎたのにも関わらず、好転に向かうどころか、どんどん被害の大きさが広がっていっています。

原発のこと1つをとってみても、当の被害を受けた発電所に限らず、全国の原発に関心が向けられ、結果的にこれから先の日本のエネルギーをどうするの? という問題にまで至っているわけで、こちらも大問題です。

環境や立場の違いはあっても、誰一人として逃れようの現実に立ち向かわなければならないわけで、再び気持ちを新たにしている…この頃です。


<完>

PageTop

「緊急連絡」に思う

NHKを始めとして、民放各TVでは東北関東大地震関連のニュースに集中している中で、注目のCMがありました。

CMそのものが局の意向でしょうか? それとも企業の判断によるものなのでしょうか?
いずれにしても自粛されている中で、NTTが緊急伝言ダイヤル「171」のことを流していました。

恐らく、今回の大地震による被災に際して、急遽作られたのでは? と思いますが、いずれにしてもタイムリーです。
CM…この場合に商業ベースのコマーシャル…といえるのか? 広義には企業活動、取り組みを「お知らせ」のスタイルにして伝えているので、CMなのでしょうが、しかし、こうした緊急時の連絡方法、情報伝達の手段として、多くの人々に伝える意味は大きいと思います。

ただ今、NTTさんの例で書きましたが、他の電話会社も各社各様に、サービス内容を伝えています。
例えば携帯電話の場合に、いずれかの会社によるわけで、それぞれ特色があるのだと思いますが…、さて、いざ使う場合にはどうなるのでしょう?

詳しい方のレビューがあったら? と期待しながら、171についてはネットなどでも確認してみました。

災害ボランティアに詳しい方に意見を求めてみてもいいかもしれません。

例えば171の場合に、
伝言を蓄積できるエリアが限定される…?
そうなると、被災地からは発信できるが、安否を気遣う側がエリア外だと、伝言が蓄積できない…?
そもそも、家電からだけ…?
などなど。

また、通信インフラにダメージがあった場合に、171にどうやってアクセスするの…?
とか。

当の11日、自分のPCからWEB版の171の利用を試みた方の話を聞きましたが、待てど暮らせどアクセスできずに…、結果的に12時間以上も経って、深夜どころか翌日の早朝にアクセスできた…とか。

やはり、情報の受け取り側の環境のことなど考えると、さて、どの手段がいいのでしょう?

失礼かもしれませんが、意外と…Googleの安否書き込みが活用されたという書き込みを読んだりしました。

アクセスができさえすれば、パッと見、分かりやすい直感的な画面で、書き込んだ人の苗字・名前で検索・絞込みができる…んだとか。

今日のところでは、話題は尽きませんが、何か情報があったら、改めてアップしたいと思います。


<完>


PageTop

安全神話

「神話」とは

ウィキペディアによりますと…

「人類が認識する自然物や自然現象、または民族や文化・文明などさまざまな事象を、世界が始まった時代における神など超自然的・形而上的な存在や文化英雄などとむすびつけた一回限りの出来事として説明する物語…」と、さらに続きます。

ここに日本の「安全神話」という言葉があります。…ありました。

ところが、今回の大地震や大津波という天変地異に原因する原発の事故をきっかけに、それが崩れつつある…そんな報道が目だってきたように感じます。

現実の世界と「超自然的」な神話の世界とを、そもそも結びつけて、現実の世界にある原発の「安全性」について物語を作ってしまった…それこそが「安全神話」なのであって、やはり神話は神話でしかなかった…そう思わざるを得ません。

神話の世界に私たちの安全を100%委ねていたのか? そう考えると、必ずしも100%ではなかったでしょうが、でも0%ではなかった…そう思うと、今回の顛末を見守ると同時に、今後のことを神話の世界のこととしてではなく、現実の世界の「安全」として考えてみないといけないでしょう。

なにか、大変なことが起こりそうな不吉な予感がします。


<完>

PageTop

原発

今回の地震による、被害の状況、特に大津波のことが徐々に明らかになり始めています。

しかし、全容が掴めていない以上、これからどんな被害状況が伝えられるのか、さらに不安が募るばかりです。

その中でも、新たに原発被害のことも、これまた大きな関心事になりました。

地震の多い日本だからこそ、万全の対策で臨んでいる…

だから安全…とまでは言われなくとも、きっと、どこかに信じたい気持ちがあったと思います。

でも、今回の報道や流される映像、そして専門家の皆さんの解説を見聞きしていると、不安のボルテージが上がったり下がったり。

建屋の壁が剥がれた映像を観せられたときは、チェルノブイリのことを連想してしまいました。

もちろん、その原因や規模などが違いがあったとしても、起こるであろう事態や影響のことは察しがつきます。

最悪のことにならなければいいのですが…、そんな月並みなことしか言えません。

国の威信を賭けて進めてきた原子力政策なだけに、今後にエネルギー確保の問題など絡めて、何らかの影響を及ぼすことになるのでしょう。

それにしても、発電所のトラブルを解決するために電力が無くて、十分な対策が取れない…
そんな不自然さを感じざるを得ません。

今回の事態に対して、政府も昼夜を問わず情報を出している、そんな印象もあって、なんとなく収拾に向かっているようにも感じますが…、しかし、当分の間、目を話すことができません。


<完>

PageTop

悪夢

悪い夢であって欲しい。

船酔いをしそうなほど、ゆっくりと、しかし長い時間の揺れが続き、大きな地震でなければいいが…そう思っていたところで、その当時にはこのような事態を想像することができませんでした。

ニュースの報道でもなければ、なかなか正確な情報が得られず、観測史上最大のマグニチュードであったことなど、次々と新たな情報が入るにつれて、気分が悪くなるほどの恐怖を覚えました。

この脅威の前に、不謹慎なほどに謙虚でなければなりません。

電話がつながらない、メールが届かない。

たまたま東京に仕事に出て知人が、今、どうしているのか?

安否が確認できたのは、つい先ほどのことでした。

今日は帰れない…、いつ帰れるかも分からない…

でも、「大丈夫」という元気そうな声を聞けたので、少しだけ安心したところです。

ただ、被災地のことを考えると、そうとは言っておられまい。

言いようもなく、恐怖の映像が連続して流され、この先、いろいろ明らかになってくるにつれて、どんな規模の災害になってしまうのでしょうか?

眠れそうにありません。

被災地の安全と無事を祈るしかありません。


<完>

PageTop

コント55号

「55」という数字に、最近、反応することがあるとすれば、例の松井選手の背番号が「55」だったりして、応援するファンの中には下駄箱の番号を「55」、そのお友達の方はイチローのファンなので「51」の下駄箱を選ぶ…なんていう話を聞いて、微笑んだものです。

その「55」ですが、今日は訃報でした。

二郎さんが亡くなった…

サイトのニュースフラッシュに流れたのを一報に、寂しさがこみ上げてきました。

最近では病気療養とかで、野球の話題でTVに顔を出していた欽ちゃんと違って、拝見しないな…と思っていたら今回の訃報でした。

飛びます、飛びます、と最高潮の頃はまさに飛ぶ鳥を落す勢いで、TVで2人を見ない日はなかった…時代もあったそうですから、今日のお笑いブームとはまた異なった「お笑い」、「喜劇」の時代だったのだと思います。

いわば「筋書きのない舞台」が真骨頂だったんだそうで、大筋は欽ちゃんが握るも、二郎さんは何ら台本を与えられなかったと聞きます。

全篇アドリブで本番を通す、本物の「力」のすごさを感じます。

「55」と同じく「二郎さん」といえば55号の二郎さんを指す…そんな喜劇の固有名詞が似合います。

二郎さん、ご冥福をお祈りします。


<完>

PageTop

冬の寒波

3月もそろそろ中旬を迎えようとするこの時季、まるで冬のような寒さです。

当地ももちろんですが、全国的に…ということであれば、致し方ない?

しかし、風越山を眺めれば雪が舞う模様が見て取れて、一層の寒さがつのります。

当地のブロガーの皆さんの記事を拝見していても、この寒さに「ビリビリ」している感じがして、冷え切った南信州です。

と思って、サイト検索をしていたら

「冬の寒波39日、28年ぶり最長 平均気温は平年より1.2度低く」(3/8)

とあったので、驚いてよく読んでみたら、「朝鮮日報日本語版」とあったので、少し安心したところです。

ただ、朝鮮半島が冷え切った冬であったことを知り、わが国だけではないんだ…と、世界の広さを感じたところです。

ところで、そういった気候の中で話題に上るのが

「いつ冬タイヤを履きかえる?」

彼岸が過ぎたら…という方から、4月の声を聞いてから…という方まで、それぞれクルマとの付き合い方によって万別のようです。

4月の初旬に遅い雪に見舞われて、高速で上京のクルマで往生した…という苦い経験をした方の話を聞くと、早期履き替え論に慎重にならざるを得ません。

ともかく、今週中は寒波に冷え込む列島のことです。

インフルエンザも流行っている様子で、ともかくお大事に。


<完>

PageTop

開幕2011 Jリーグ 

1993年に開始されたJリーグ。

ですから19年目の開幕です。

変遷があったものの、現在ではJ1に18チーム、J2に20チーム、それぞれのリーグで覇を競っていますが、この盛り上がりを、20年前に予想できたでしょうか? もちろん期待をしたでしょうが、きちんとプロスポーツ界に定着をして、各チームの経営状態に差はあるものの、なんとかみんな頑張っている?

入場料収入で浦和レッズのダントツは目を見張るけれど、それ以外のチームの収入はどうなんでしょうか?

ここのところ、動員数ではJ1+J2で800万人そこそこそを記録しており、試合数で圧倒的に勝るプロ野球には及ばないものの、着実に伸ばしてきていることも、注目されるところです。

さて、そうした数字で追っていくJリーグもあるけれど、やはりなんと言ってもゲーム内容で勝負しなければ!

プロ野球なんぞでは、有名選手の大リーグ転身を、球界の損失として一部には危惧する向きもあるようですが、しかし、サッカー界はちょっと違うようです。

次から次へと新しい、しかも若い名前が突然にヨーロッパ方面から届いて、国内リーグに対してむしろいい影響を与えているわけで、楽しいし頼もしい。

活躍の場が世界に広がって、選手層が一層のこと厚くなる、そして、アジアカップのような国際試合でどんどん力を着けて、世界へと羽ばたいていく…

ますますJリーグが盛り上がって、それら相乗効果が出てきた…前回ワールドカップを中心にここ数年をみていると、楽しくなります。

さて、今年はどんな盛り上がりを見せてくれるのでしょうか。

何度でも、何度でも言います…、楽しみにしています。


<完>

PageTop

B級グルメ 南信州の五平餅 

先日のこと、
「当地でB級グルメと言えば…」
という話しに成り、何人かの集まりだったのですが、
ああだこうだの末、
「五平餅」がその”栄冠”に与ることとなりました。

ただ、五平餅…と言っても、音では「ごへいもち」なおですが、ここで迷わず遣っている「五平餅」もあれば「御幣餅」もあって、なかなか統一が難しい?

さらに、出身地によって、板状があれば団子状、その団子も平たいものから球体のものまで様々。

さらに味のバリエーションと言う意味では、味噌をベースに配合されているであろう様々な食材の種類の多さには、改めて「家庭の味」、「わが家の五平餅」を髣髴とさせるものがある…

楽しくもあり、難しい話でもあり…基本は「食べること」なわけで、楽しいに決まっていますが、それをアカデミック(笑)に突き止めていくと、なかなかのものです。

そもそも、南信州に特産の食べ物というわけでもなく、県境を越えていたるところにその名があるわけで、そのあたりがB級グルメの、それたる由縁なのでしょう。

「●●牛のステーキ!」と言った瞬間、聴いた瞬間にB級の色あせ、もっと上級な味わいがしてきます。

例えば仮称「南信州の五平餅」が全国ブランドにまで上り詰めることができますでしょうか。

そうした運動に真剣に取り組んでおられる皆さんの話も伺います。

南信州の五平餅を全国区に!

応援しています。


<完>

PageTop

大学入試

思いもよらない事件が次から次へと…

その一つにケータイを使った試験問題のネット掲載の事件。

「よくもそんなことを考えたものだ…」

とか、大方が想定外の事件とするなかで、

「試験のカンニングはこれまでもあった…」

と、入試でのことかどうかは別にして、普段の試験、例えば中間や期末試験での可能性を語った学生の発言が印象的でした。

聞くところによれば、手の甲、掌に資料を書き込んで試験に臨んだ…とか、消しゴムの中にペーパーを仕込んだ…とか、笑い話のような、本当のような、古典的なカンニング手法もあったとか。

試験とカンニングは古代より切っても切り離せない腐れ縁のような関係だったのかもしれません。

そんな時間があったら、単語の一つ、公式の1つでも覚えろやっ! と、先生の声が聞こえてきそうですが、層とばかりは行かないのが学生の、受験生の心理なのかもしれません。

ただ、大半の、大多数の受験生が、公正な試験制度により、公正な合否判定を前提として、試験に臨んでいる事実を目の当たりにすると、今回も、これからもカンニングのことを見過ごすことはできません。

まあ、カンニングの手法がケータイとかネットとかによったことが、余計にクローズアップされているようですが、そもそもその手段の別を問わずに、カンニングそのものに対して、それを根絶する対策や姿勢が求められているんだと思います。

今回の事件、一部には「若気の至り」といった、容認するわけでもないでしょうが、寛容な論調もあったように聞きます。

でも、
「いけないことはいけない」
として、厳正に対処することも必要とお思います。

寛容な対応があるとすれば、その後に求められることと思います。

まずは、全容が解明されることを待っています。


<完>

PageTop

炊込みご飯の素

以前からちょくちょくお邪魔している

「三遠南信口コミてんこもり」

というサイトがあって、中に「新着情報」のコーナーがあります。

先日のこと、

「三遠南信交流から誕生した"炊込みご飯の素"

というタイトルがあって、ついつい見てしまいました。

リンクはコチラから → http://sanennanshin.hamazo.tv/e2495702.html


読んで頂いたとおり…

長野県は阿南町の和合地区と遠州は浜松市の人たちとの交流から誕生した商品なんだそうで、まさに三遠南信交流を地で行くところです。

素朴さが素敵な

「炊込みご飯」

という響きに、思わずお腹が空いて来た…とは、なんとも月並みな言い方ですが、美味しそうです。

「ここらは…」

ということは、阿南町に限らず、南信州全域で言えることでしょうけれど…

「タケノコ」も「ワラビ」もいっぱい採れるでねぇ…

と地元の皆さんの弁です。

遠州との関わり…?が不思議だったのですが、聞くところによれば遠州の皆さんが阿南町の和合地区を訪ねた際に、当地の炊込みご飯の美味しさを絶賛(?)したのが誕生の秘密らしく…。
何か遠州の素材が混ぜこぜになっているのかな? と思いきや、遠州の皆さんの気持ちと発想と後押し(笑)がタップリと詰まっているんだそうです。

ここに、三河地方の特産である「ちくわ」などの食材が加わって、「三遠南信コラボ」が完成したとのことです。

そういえば、ここで「混ぜこぜ」…と言いましたが、当地では「混ぜご飯」なんていう言い方もあって、根本的な作り方の違いはあっても、おそらく見た目には同系のご飯を指していると思います。
こちらも耳に懐かしい響きです。

それはともかくとして、お店で見つけたら、必ずゲット!してみましょう。

感想も是非、コメントしてみてください。


<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。