南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

台風が来る!

これまでにも台風が来ることにさしたる思いはないのですが、しかし、さすがに「さあ、来るぞ!」となると、気持ちも身体も身構えるものです。

予報、進路予測はあくまでも「予め」のものではあるのですが、その内容に一喜一憂!

ただ、さすがにその進路予測の範囲や近辺に位置したり、あるいは、その方面に仕事や所用で出かけなければならない・・・となると、否応なしに関心が高まります。

さて、ここ数日でやって来るとされていた台風17号ですが、予想進路を読み取る限りは、日本列島の形を舐めるように、ほぼ縦断のコースです。

どう進んだら横断で、だったら縦断ってどんなコース? と、興味は尽きないところですが、しかし、列島の形にそって、もっとも嫌なコースであることには違いありません。

少しだって通りかかった地域の方々にすればたいへんな話題なのですが、しかし、少しでも悪さが少なくても済みそうなコースといえば、今回のようなコースではないでしょう。

そんなことを考えながら、ただ、今日のここまでの天気といったら、風はない・・・お日様が出て、その陽射がお昼に向かってドンドンと濃くなる!

本当に台風が来るんだろうか? と、かえって疑心暗鬼、いや、不気味な感じがしてなりません。

先週も週末に雨に祟られたことだし、人出を頼んでのご商売の皆さんには、土日の天気は大いに気がかりになるところですが、なんとか、もう半日、晴れていてとまでは言いませんので、せめて降らずに、吹かずにいて欲しいものです。

そんなことを、こうしてブログに書き始めていたら、だんだん雲が厚くなって来て、暗くなって来て、こりゃもう降り始めんとの用意をしているようです。

規模的にも、数字上はたいへん大規模な台風と区分されているようです。

ここまで辿り着いてしまった以上は、もう避けられません、逃げようがありませんが、なんとか被害なく、通りすぎて行って欲しいものです。

皆さまも、くれぐれもご注意ください。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

いま、フットサルといえば

サッカーの話題といえば11人制の・・・そもそも11人制という言い方すること自体に違和感があるわけで、バレーボールではありませんし(笑)

というのは、にわかに注目を集めているので、フットサル日本代表に、あのキング・カズが選ばれた・・・その話はすでにご承知のことと思われます。

そのカズの日本代表としてのデビュー戦となるブラジルとの親善試合(10月24日に代々木第1体育館にて)では、「KINGシート」が設置される計画があるらしい。

日本協会の関係者が明かしたとのことですから、たぶん間違いないでしょう。
ブラジル戦の会場の両ゴール裏に合計1000席程度の仮設スタンドを設営して対応する計画とか。

KINGカズの人気=動員力は、今日でも衰えていません。

フットサル日本代表チームを強化するために、という本来の目的もさることながら、観客動員という点でもカズ効果が表れた感じです。
とはいえ、協会としてもその辺りの勘定は織り込み済み? でしょうね。

フットサルでは至近距離から強烈なシュートを放つために、首尾よくゴールすれば問題ないのですが、そうとばかりは行かずに、枠を逸れたシュートがゴール裏に居る観客を直撃する、そんなリスクがつきまといます。
ある意味で、迫力ある、ゲームと観客の一体感という点では、言うことなしなのですが、リスクはリスク。野球のファウルボールやホームランボールによるリスクのことを考えると、決してフットサルだけの問題ではないのですが。

子供を着席させない、などの運用上のことや、構造上の工夫で、こうしたリスクに対応している例もあるという話を聞いたことがあるので、なんとか、この1000人分の増設ができて、そこが満杯になる図のことを期待しています。

知り合いの中にも、フットサルの愛好者がいて、サッカーとはまた違った楽しみを経験しているらしく、これから先、KINGカズの代表入りが新たなファンの掘り起こしになればいいですね。おそらく、フットサルは好きだけどサッカーは嫌い・・・という人も少ないでしょうから、結局、サッカー人気の裏打ちだったり、底辺拡大に寄与するのではないでしょうか。

かんばってカズさん!


<完>

PageTop

一気に秋

ここのところの気候の変化はたいへん激しいものがあります。

10日前のことを思い出してみると、記録の上ではまだ最高気温で30℃を超えていた「ハズ」です。

「ハズ」と書きましたのは。そうしたことが常態にあれば、取り立てて思い出さなくとも、「まあ、そんなもの」と言えるのでしょうが、ここのところの朝晩の涼しさ...というより、通り越して「寒さ」さえ感じます。

周囲にも、急激な気温の変化に体調を崩してしまったかたが、結構おられます。

体温調整が上手く行かない…簡単に言えばそうなのでしょうが、半袖を着てみたり、長袖にしてみたり、1枚羽織ってみたり、皆さんそれぞれ調整をされておるようですが、それでも追いつかない!

涼しさ、寒さがある意味で常態になれば、それはそれなりに上手く付き合っていけるのでしょうが、彼岸までの様子と明けての様子がこれほどに変わりますと、健康な方だって、ちょっとおかしくなるかもしれません(笑)

大袈裟な話ではなく、明日の朝は晴れわたった空気に放射冷却とやらで、随分と冷え込む予報です。

10月の中旬ころのそれと聞きますから、2~3週間、一気に季節が進んだ感じです。

そうした気温の変化を敏感に感じたのでしょう、この地に豊富な果物が一気に色づいて、収穫を迎えています。

今年は、半ば日照りのような天気だったので、梨の実に糖分の入りがいいんだそうで。そう言われて食べるからでしょうか、甘~く感じます。

涼しくなって、収穫の時季を迎え、この秋を楽しみたいと思います。

とはいえ、ここのところの気温の変化に、体調管理にはお気をつけ下さい。


<完>

PageTop

おめでとう! 日馬富士

人気とか注目度ろいうものは、恐ろしく、また、残酷なもので、大相撲のそれについては、明らかに低迷を続けていたと思います。

今場所も、正直なところ、「ああ、お相撲やってる」程度の関心だったのですが、千秋楽が近づくにつれて、俄然盛り上がりを見せました。

そして、今日の結びの一番。久しぶりに握った拳に力がこもるような、大一番でした。勝負が着いて、見ている側がどちらが勝ったから、と言うでもなく、よかったよかったと両雄に拍手を送ることができる、そんな一戦だったと思います。

この一戦に勝利した日馬富士は、見事な2場所連続の全勝優勝。そして、来場所の横綱昇進を、誰に文句言われることもなく、確実にしたものと思われます。

相撲の技術や薀蓄を語れるものではありませんが、しかし、真剣勝負で肉弾と化してぶつかり合う姿は、説明云々ではなく見るものに確実に伝わって来ます。

だから、逆に手を抜いたり、変に技巧に走ったりすると、そのことも隠しようもなく見る者に伝わってしまう。

人気力士と言われる人は、単に人柄がいいとか、面構えがいいとかも重要な要素かもしれませんが、しかし、本来の相撲の内容で以って、人気が裏付けられるのだ、ということを今更ながらに痛感させられました。

さて、このまま推移すれば、おそらく来場所は久々の東西2横綱。日本人の横綱ではないことを寂しがる向きもあるようですが、このグローバルな世の中にそれはさておき、大いに期待したいと思います。

おめでとう、日馬富士!


<完>

PageTop

運動会の祝日

今日は秋分の日でした。

秋彼岸。

お墓参りに行かれた方も大勢いらっしゃると思います。

幸いなことに、好天に恵まれ、また先日の雨に冷まされた残暑の心配もなく、過ごしやすい一日でした。

朝から、近くに遠くに知らせの花火。

多くは小学校の運動会を予定通り催しますよ! という、あの花火でしょう。

晴れ渡って、雲が高い分だけ、響きが遠くに聞こえます。

近くの小学校の側を通りかかったら、親御さん、おじいちゃん・おばあちゃんが、子供の、孫の活躍ぶりを目に止めようと、応援三昧!

その賑わいは、盛り場の、あるいは、なにかしらのイベント会場のようでした。

ここで、昔の・・・と言っても、限度はありますが(笑)、今の運動会はPA(パブリック・オーディオ)でBGMの伴奏付き、実況アナウンス付き。

劇場型運動会とでも言いましょうか、随分と変わったものです。

TVなどにより、そうした演出に慣れ親しんだからでしょうね。

また、開催される時季も、9月中だったかな?

年齢を隔てた知人にその話を向けたところ、「10月中だったかな?」、「稲刈り済んでたなぁ」との記憶で、確かに早くなっているようです。

「仕事してるほうが楽だは」

恐らく運動会で張り切り過ぎたっであろう友人の弁。

次は幼稚園の運動会が待っているとか、その次は地区のそれ。

運動の秋がスタートしたばかりです。

お疲れ様でした。


<完>

PageTop

慣用句

国語の勉強時間ではありません(笑) でも、日常の言葉の使い方やそれらの変化について、興味深い報告がありました。

間違いが指摘されるということは、当然に「正しい」使い方があって、その対になるものなのですが、誤りが半数を超えたりすると、もちろん多数決によるほど、単純なものではないにしても、多勢に無勢、「正しい」旗色がわるくなりそう・・・

また、新しい言い回しが、一定の世代で広がって、全体を席巻しそうな例もあるとのこと。

例えば「ガッツリ系」などいう場合のガッツリ・・・しっかり食べる様子を指しますね。

ともかく、自身も正しいとか誤りとか、あまり意識しないで遣っていた言葉が、実は別の意味だったり、あるいは、正反対の意味だったり、ハッとさせられます。

では・・・、とどんな例がと思えば、今朝の中日新聞の一面に特集されていました。

見出しは「『失笑』誤用6割」とあります。

先ほど書いた例の通り、多勢に無勢でしょうか? 正しい意味は「こらえ切れずに吹き出す」であり、誤りの例としては「笑いも出ないくらいあきれる」と書いてあります。

う~ん! なるほど。この手の誤用は、きっとそこら中に転がっているんでしょう。

多数を占めるまでに至らぬとも、個人個人の思い込みの中で、個性的な誤りもあるでしょうし。

朝から考えさせられる話題でした。

さて、「情けは人の為ならず」の正しい意味は理解されておられますか?

失礼しました。


<完>

PageTop

久々の雨

天気予報には、ぜひとも当たって欲しい場合と同じく外れて欲しい場合があって、コインの表裏のようなものなのですが、ここのところの日照りに対しては、「降雨」の予想ならば、ぜひ当たって欲しいところ、何度もガッカリさせられてきた記憶です。

今晩の雨は、そうした期待を裏切らない、久しぶりにして、まとまった雨でした。

折しも、明日は彼岸の入り。月並みですが「寒さ暑さも・・・」と言われる彼岸なだけに、一層のことこの残暑を雨が冷ましてくれるのでは・・・期待も両面です。

この時期、学齢のお子さんがおられるご家庭では、週末を頼んでの運動会、地区の催しなど組まれていることが多いので、きちんきちんとスケジュールが消化されるためには、週中にお湿り・・・というパターンが望まれるところなのでしょうが。

ただ、全国的な見方をすると、適度なお湿りの土地ばかりではなく、度を越した量に被害が出ているとも聞きます。

そう考えると、手放しで喜んでばかりはおられませんが、しかし、当地の乾いた地面に潤いを与えるためには、待ち望まれた雨です。

大事にならぬ程度に、そして、名実ともに暑さを彼岸の彼方に飛ばし去って欲しいものです。

さて、明日は秋の彼岸。

秋も本番を迎えます。


<完>

PageTop

清武 ブンデスリーガで初得点+2アシスト!

「清武弘嗣」の名前が、ネット上に踊っています。

加川くんの活躍、何かと話題に目を奪われていたら、こちらにもニューヒーローの誕生です。

彼は日本代表のMFでもあり、所属はブンデスリーガのニュルンベルク。

現地で15日に行われたボルシアMGとの一戦に先発出場した清武くんでしたが、きっちり結果を出してくれました。

ブンデスリーガでの初ゴール!

これが決勝点となったと同時に、2アシストというおまけ付き!

チームは3-2で勝ったということは、彼が全ての得点に絡み、かつその点差が示す通り、かれの活躍なくして勝利はあり得なかった!

敗れた相手チーム・ボルシアMGの監督をして、「清武のゴールは本当に素晴らしかった」と絶賛したとか。

敵将だからこそ、相手チームのキーマンが分かる、そして賞賛する!

なかなかのものではありませんか!

得点のシーンを何度も観ましたが、絶妙のボディーバランスで相手DF2人を抜いて、かつ股下を通す、コントロールされたシュート!

ドイツのサッカーファンは、イギリスに渡った香川くんを姿を清武くんに投影して観たことでしょう。

あるいは、それ以上の鮮烈な印象を以って、受け入れたことでしょう。

さあ、ヨーロッパに渡ったJリーガーや日本人プレーヤーの活躍が期待されます。

タレントが多くて困るほど!

日本サッカーも、ある意味で萌芽の時期を迎えました。

注目です、目が離せません・・・!


<完>

PageTop

再び残暑の話題

ここのところ朝夕の陽気はめっきり秋めいて来ました。

ただし日中の暑さは、依然として「残暑」のまっただ中。

そのことを裏付けるように、今日の天気予報では東京の最高気温で33℃とか。

実際に昨日の全国的な最高気温は真夏のそれを思わせるような、36℃だの34℃だの…。

もう9月も半ばを迎えて、来週は秋のお彼岸というこの時期に、ほんとに日中の残暑は収まるのでしょうか?

いろいろな方と話をしていても、少しどころか、大いに不安を訴える方がたくさんおられて、まったく同感のようです。

ただ、そうは言いながらも、辺りは秋の実りが豊富になってきました。

稲刈りが始まった田圃もあります。

スーパーの店先でも、今年度産の新米が並び始めました。

ももは終いかもしれませんが、ナシ、りんご、クリ、その他、たくさんの品種が並んで、それは賑やかです。

柿も早くも色づき始めた…と話しましたら、早すぎるのは何か病気を持っているハズ…と、なかなか難しい!

そんなわけで、暑さが与える重大な影響は人間様ばかりが受け続けているようで、その他の植物や動物にはあまり悪影響が出ていないようにも見えて、なんとなく安心しています。

とはいえ、限度というものがあり、やはり季節らしい気温に早く戻ってほしいものです。

皆さまもどうか、ご自愛ください。


<完>


PageTop

佳境! W杯ブラジル大会 アジア最終予選

2年後に予定されるワールドカップのブラジル大会、本戦出場を目指す予選がヒートアップしています。

すでに、埼玉スタジアムで11日に行われたホームゲーム、イラク戦では1-0で勝利して、日本はB組で首位を維持しています。
この試合、以前に日本代表監督を務めた経験のあるジーコ監督が率いるイラクチームが相手なだけに、依然として根強い人気を誇ろ彼の人柄とも相まって、そうは言っても敵将であることに変わりはなく、こうした点でも関心と注目を集めました。試合結果もですが、試合内容も伴った好勝負に、スタジアムを埋めた6万人のサポーターと、全国でTV観戦した大勢のファンが熱狂したことでしょう。



その後に入ったニュースですが、日本と同じB組でヨルダンがオーストラリアを2―1で破って、勝ち点を4に伸ばしたとのことです。ヨルダンは日本が6-0で大勝した相手。これでこの組の2位に浮上、何が起こるか分からないこの世界です。日本も決して油断してはなりますまい。


<完>

PageTop

閉幕 パラリンピック

オリンピックと並んで、今日パラリンピックのことが話題に上ることが増えたように思います。

「半身の不随」を意味する"paraplegic"という言葉と「オリンピック(Olympic)」から由来する造語なんだそうですが、今では他の障害にも競技が拡大したことで、大会の規模も注目度も上がったものと思われます。

ここのところ、新聞など読んでおりますと、競技種目によってはオリンピックで階級分けをするように、一つの階級としてオリンピックに取り込んでみたらどうか、というような意見もあるそうです。

たしかに、例えば柔道などの格闘競技など、体重別でクラス分けをしているわけですから、考え方としてはわかりやすいかもしれません。そもそも男女で競技を分けているわけですから、要は考えようだとも思います。

競技内容そのものが身体障害者を対象として、それに適した仕組みが形作られているケースもあって、よくよくルールなど聞くに、なるほど! と頷けます。

今回のロンドン大会で金メダルを獲得した「ゴールボール」も目隠しをしながら鈴の入ったボールを転がして、ゴールに入れることで得点する視覚障害者の球技です。障害者スポーツの1つですがサッカーをイメージさせてくれます。やはりというか、ヨーロッパでは盛んに行われているんだそうで、わが国でも今回の健闘、好成績がこれからの競技人口増加、底辺拡大にいい効果を及ぼしてくれたらいいな、と思います。

ロンドン大会は幕を閉じましたが、また次に向かって動き出していることはオリンピックに同じ。なんでもかんでもオリンピックと比較して言うのはなんですが、注目をもって、関心を持って貰えたらいいなあと感じています。

ここでも、がんばれニッポン!

4年後の活躍を期待しています!


<完>


PageTop

必見 「JAPAN " Football Sensation " London 2012」

あれこれ申し上げる前に、この動画を観ていただきたいと思います。

前のオリンピックにおける男女サッカーの活躍ぶりをダイジェストした、感動のVです。

紹介されて一度見ましたが、素人の方がアップしたとは思えない、プロの仕事としか思えません。

由緒はともかく、感動が伝わってくる・・・

編集の妙、アナウンスの絶叫を上手く取り込んで、しかもBGMとの相性も抜群。

あまり前置きが長くなってもいけません。ともかくご覧ください。




<完>


PageTop

消化不良 日本代表!

オリンピックを目玉に、男女サッカーでは、なでしこやオリンピック代表に目を奪われておりましたら、今晩は正代表の試合がありました。

ただ、格下チームを相手に少々、消化不良のゲーム運び。
勝ちはしましたが、しかし、結果以上に課題の残る試合でした。

ニュースでダイジェストを観たところですが、UAEを相手に1―0。

当のザッケローニ監督はたいへんな不満を示したそうで、彼が就任して以来、最悪の試合内容ではなかったか?

常勝を約束されたかのようなザック・ジャパンにとっては、ひょっとしてザック疲れ?(笑)かな、と思えるほどです。

期待の大きさだけにマンU疲れの香川クン。
こちら日本代表でも、ぜひとも結果を出して欲しいし、フレンドリーマッチなだけに6人交代でテストしている様子でしたが、要するに固定的なメンバー、布陣が決まらないことの裏返しでもあります。

得点の場面は、後半24分、左サイドの駒野のセンタリング。これをハーフナーがドンピシャ、頭で合わせての1点どまり。

得点チャンス、見せ場は複数ありましたが、どれも結果に繋がらず、観ていても少々イライラ気味でした。

これで、イラク戦に臨むわけですが、少し・・・どころか、たいへん不安!

メンバー決まらず、みんな夏バテ(苦笑)気味のなか、早々に元気回復して、万全の態勢で臨んでもらいたいものです。

がんばれニッポン

ザックとチームに期待しています。


<完>


PageTop

やはり暑かった今年の夏

「暑かった」と、まだ過去形で書けないほどの残暑ですが、少なくとも8月中の記録のことを書くなら許されましょう(笑)

つい先日、長野地方気象台による天候のまとめでは長野県内の主要な観測地点では平年を1.5℃~0.6℃も上回っていて、8月の記録としてはこれまでの上位にランクされるとのことでした。

たしかに感覚的にも暑い...暑い...と言っていた今年の夏でしたが、やはり記録は正直なもので、数字がそれを物語っていることが裏付けられました。

降水量については、県内では局地的な豪雨の有無などによってばらつきが見られるんだそうですが、概ね各地とも「平年並み」だそうです。
日照続きの感想ですが、記録的にはそうなんだそうで。

近所の野菜農家さんに聞いてみると、葉物野菜の色が悪くなることはあったものの、旧盆を過ぎてからは一気に夜の気温が下がってきたもので、葉っぱに色が戻ってきたんだそうで、少し安心しました。
ここ数日、朝晩は寒いくらいです。

ただ、この記録的な暑さの余勢をかって、日中の残暑まだまだ続きそうな気配です。

そうは言っていても、農作物は正直なものですから、きちんと季節を忘れません。

桃から梨へ、リンゴへ、柿へ...と、時季を重ね合わせながら、南信州の各地でいろいろな品種が代わる代わる実をつけては収穫され、売り場を賑わし、またそのうちの多くは全国の市場へて向けられます。

「今年も南信州の桃・梨・リンゴを待ってくれている友達が多勢いる・・・」と知人の一人が話してくれました。

農家さんによれば、この暑さの副産物で果物の生育は順調とのことです。

「秋の恵み」

という言い方は月並みですが、ここで敢えて申すならば

「猛暑の贈り物」(苦笑)

を、ぜひお楽しみください。


<完>

PageTop

9月

暑さ寒さも彼岸まで...暑さが先? 寒さが先? という話もありますが、やはりこの時季ですと「暑さ」が先に来るほうが言葉が生きてきます。

9月の声を聞いて、ザーっと降った雨に冷まされるように、めっきり秋の風情です。まあ、日中の気温の高さ、残暑には辟易しますが、でも、朝夕ともなると肌寒いほどです。

窓を開け放していると、キリギリスの鳴き声も。コオロギはもう少し前から。ずいぶんと賑やかになったものです。

季節の移り変わりは正直なもので、多少の長い短い、高い低いなどアナログな言葉にてさまざまな捕らえ方があるものの、1年を大きく4つに分けたら、必ずその区分で巡りがあるもので。

でも、世界中がそうかと思えば、ここ日本だからこその四季な訳で、当たり前のように感じていますが、こうした季節感を味わえる地域は、地球上でも限られる・・・

少し話は大きな規模になりましたが、でも、暑い暑いと言っているばかりでは、こうした話もないでしょうに、そうした話ができるのも、秋の兆しの証明かもしれません。

8月中が、もちろん夏一色の1ヶ月だったわけですが、9月は夏と空が同居する、ある意味で贅沢な1ヶ月でもあります。

しっかり、この1ヶ月を味味わいたい、愉しみたいと思います。


<完>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。