南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は「成人の日」

今日は「成人の日」です。

物心が付いた頃から、長いこと「成人の日」といえば1月15日だったのですが。
正直なところ、今年が1月12日…では、来年は…と、毎年異なる日程なことには、休日と日曜日が重ならなくなって得した気分になったことを除けば、少しピンときません。

そもそも、1月15日が「成人の日」とされたのは、戦後間もなくのこと昭和23年に公布・施行された祝日法によっているそうです。今の制度になったのは平成12年のことですから、10年そこそこのことです。

「成人の日」の発想は、ご存知の「元服の儀」だったわけで、これがいわゆる小正月に行われていたことによるそうです。小正月といえば、まさに1月15日なわけでして、歴史的にも裏付けがあったのですね。

そういえば、話は異なりますが、「体育の日」が昭和39年(1964)の10月10日、東京オリンピックの開会式を記念して制定されたのですが、今日ではハッピーマンデーの考え方にそって、「成人の日」と同じ扱いを受けているわけで…。
そもそも「由緒ある日」、「記念すべき日」が年々変わっていいの? と思うこともあります。が、お休みが確実に1日増えたことで帳消しですね。

ただ、何とも皮肉なことに、ハッピーマンデーのお陰…、というか原因で、「成人の日」が1月8日から14日までのうち月曜日に該当する日になってしまい、つまりは元来の「1月15日」が現行の法律を改正でもしない限り、その日に当らなくなってしまったとは…。

また、「成人の日」といえば、元々は前年の成人の日の翌日からその年の成人の日までに誕生日を迎える人を「お祝いする日」となっているそうなのですが、最近ではいわゆる学齢による方法、つまり前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を、「式典参加の対象」とする方法が定着しているようです。
いかにも、対象を特定する方法としては効率的で行政寄りかもしれませんし、カレンダーの区切りで参加者が区別されるより学齢の方が同窓会傾向が強くて好評と聞きました。

(よくよく考えてみれば、「成人の日」が特定されていない限り、毎年、対象を限定する期間の起算点が異なることになるわけであって、制度的・手続的に困難なことでしょうね。)

かくのごとく、「成人の日」の考え方、「成人の祝い方」、「式典開催の日程」のことなど、時代とともに変化するのですね。

新成人の皆さん、ともかく、おめでとうございます。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あけおめことよろ。
・・・と新年のご挨拶。

今年は「荒れる成人」について取り扱うメディアが見当たらなかった気がするな。
単純に馬鹿の絶対数が減ったのか、それともあの手の輩をわざわざ取り上げてやる事の不毛さにメディアがやっと気付いたのか・・・
どっちだと思う?

juventino | URL | 2009年01月13日(Tue)01:11 [EDIT]


juventino さんへ

今年もよろしくお願いいたします。当方も報道数が少ないと思っておりましたが…私は基本的には後者かと思います。ただ、自分の将来や世の中に対し的確な意見を述べている成人も増えたように思えました。メディアもあえて、そちらに目を向けないと切ないと思ったのでしょうか?時代が時代だけに。

| URL | 2009年01月13日(Tue)09:04 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。