南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

七十二候

二十四節気のことを調べていたら、七十二候という言葉に出会いました。

二十四節気とは、小寒、大寒、立春…と、1年を24に分割して季節を刻むものですが、七十二候はさらにその期間を3つに分けて、つまり5日ごとの暦としたものだそうです。

二十四節気は古代の中国で使われていたものが、わが国でもそのまま使われているのだそうですが、七十二候は中国のものがわが国流に変えられているのでそうです。

まさに、この時季のことは、水泉動…、雉始雊…、款冬華…、水沢腹堅…、といった言葉で表わされるそうですが、さて漢字が表わすところから、果たして季節感を感じることができるでしょうか。

順に、地中で凍った泉が動き始める…、 雄の雉が鳴き始める…、蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す…、沢に氷が厚く張りつめる…(いずれもWikipediaを引用)という意味だそうですが、漢字の並びでなんとなく意味を捉えることができそうですが、季節感までは、さて?

そういえば、夏至の頃にある「半夏生(はんげしょう)」は、この七十二候の一つだそうで、72個全部は知りませんが、聞いたことがあるものもチラホラ。


では最後に、簡単なクイズを1問。

「菊花開」、「山茶始開」…それぞれ、どんな季節を指すのでしょうか?


というわけで、季節の花に織り込まれた季節感に感動します。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。