南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スキー考

早いもので、もう2月も終わり、明日から3月です。
雨の日、曇りの日が続いていますが、平年なら雪模様のはず(?)なのですが。

昨日は東京で雪が降りながら、当地ではその気配もなく、不思議な感覚です。
長野県に属するとは言うものの、もともと雪が少ない地方なだけあって、東京が雪降りで、南信州が降っていない…などということは、これまでにもあったことなのでしょうが。

ところで、
「生まれも育ちも信州です」
と自己紹介すると、すぐさま
「さぞかしスキーが上手でしょう」
と感想が返ってくる…そんな経験をされた方は、私だけではないようです。
周囲の方に伺うと、多い少ないの差こそあれ、大概の方が経験済みなことがわかりました。

もう、かれこれ20年も前になるでしょうか、「私をスキーに連れてって」の大ヒットに代表される一大ブーム、
「ウインタースポーツといえばスキー」
の時代からすると、今日のスキー人気は影が薄くなった気がしますが、やはりその代表格であることに代わりはないようです。

特にそんな時代を知る方にしてみると、例えば東京など首都圏に住まいする同年代の方々の方が、よほどスキーに親しんでいて、道具を揃えることへの情熱(笑)から始まって、スキーツアーの頻度、回数など、当地のそれらを確実に上回っていた…そんな記憶と聞きました。

長野県出身者だから皆が皆スキーを嗜む、上手く滑ることができる…、という勝手なイメージは、まったく迷惑な話…そう嘆いていたある知人のことを思い出しました。
その知人いわく
「スキーよりスケート」
とは、その断定口調もどうかとも思いますが、確かに学校の校庭裏に仮設したスケートリンクの話など聞きますと、
「なるほど」
とうなづけるところです。

さて、今シーズンは交通至便で手軽にアクセスできたという、伊那のスキー場が休止していたり、慢性的な雪不足や、長期的なスキー客の減少傾向、そして、先日の新聞にもありました
「(スキー人口に比較して…?)県内にはスキー場が多すぎる」
という報道などもあって、そんな傾向のことを感じざるを得ません。

シーズン中の週末と言えば、上質の雪を求めて、あちこち飛び回っている知人に言わると、
「客が減ったことで、滑りやすくなったけれど、やはり、寂しい」と、裏腹な感想しきり。

「特にゲレンデに響く子供の歓声が減った」
彼は、これから先、10年・20年後のことを心配しているのです。
その気持ち、理解できます。
友人を誘うなどして、スキーの魅力の伝道師たれ!


さて、とはいうものの、今シーズン、このまま雪少ないまま、春に突入しそうです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。