南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

外来語の表記は?

前回の落機(ロッキー)を
「ラッキー!」
と読んでしまった笑い話はさておき、今回も似たような外来語を集めました。

要するに、漢字の文字面を追いかけると、なんとか読めてしまいそうな、怪しい外来語の漢字表記です。
間違っても外来語そのものが怪しいはずはありません。あくまでも、表記が怪しい…と。
それらの名誉のために、敢えてお断りしておきます。

例によって、まずは漢字表記から掲げます。
想像力をフル回転させて、無理やり読んでみてください。
さあ、どうぞ!

① 貯古齢糖
② 馬穴
③ 型録
④ 越列機

いかがでしたか?
なんとかなりますでしょう!


答えは次のとおりです。

① チョコレート
② バケツ
③ カタログ
④ エレキ

④…なんぞは、死語かもしれませんが(笑)

というわけで、こうした漢字ばかりを集めてみると、それらの漢字を当てた先達の発想力に脱帽させられます。

当時としては正解なんてなかったわけで、音と意味を組み合わせて、ひたすらそのものを表す作業は、ある意味でたいへんクリエイティブで楽しい作業でもあったでしょう。

音としてカタカナを当てることで、むしろそう表記されたものは外来語というイメージも定着しています。
漢字のみでカタカナがない中国では、まさにこうした海外の人物や外来のモノに漢字を当てる作業をしているとのことで、これに企業が関係するとプロモーションに絡めてコンペティションが行われたりと、中国内外の注目を集めているようです。

というわけで、また次回も漢字をテーマに興味深い話題を集めてみたいと思います。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。