南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オン・シーズン

先行したJリーグの開幕に引き続き、WBCを終えたプロ野球も開幕し、いよいよのシーズン・オン。
週末のテレビでも、チャンネルのアチコチでフットボール&ベースボールの様相です。

先のWBCでの優勝も手伝ってでしょう、野球人気もかつてのフットボールに押され放し…の頃とは異なって、確かに失地回復をはたしたとも言えます。

わが国内ではそうかもしれませんが、しかし、世界地図上での両者の勢力図は、おそらく何らの変化も無く、サッカー界から眺めれば、そんなにWBCの影響を受けているようにも思えません。

どこかで読んだことですが、この野球人気は東アジアに特異な現象という見方もあって、韓国戦の死闘もまるで仕掛けられたマッチメイクを思わせます。
そんなこともあってでしょうか、当の本拠地アメリカにおいては、すでにWBCの存続問題が取り沙汰されているようです。

FIFAが主催するワールドカップと異なって、WBCはメジャーリーグベースボール(MLB)機構とMLB選手会が主催する野球の国際大会なわけで、要するにアメリカ一国の意向に左右される、エキジビション・ゲームのような位置づけになるわけで、別にベースボールの世界機構(あるのか、ないのか存じ上げませんが…)が主催するわけではないんだそうです。

だから、アメリカ…MLBが
「もうやめた!」
と言えば、終わってしまう?

せっかくの、わがサムライ・ジャパンの活躍も、アメリカさん頼り?

一人のスポーツ・ファンとしては興行主がどなたであろうと、由緒ある大会は継続があってこそ、その価値が認められるわけであって。ぜひ、永らく続けて欲しいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。