南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イチロー おめでとう

こうした場合に、敬意を表して
「イチローさん」
とすべきなのか、悩んでしますのです。
が、ここは敬意を込めて「イチロー」と呼ばせてもらいます。

「イチロー」がNew Japanese Record を達成した…と、MLB主催ゲームのスコアボードに「3086」の文字が掲示されたのは、日本の野球界にとってたいへん象徴的な出来事です。
それほどに、日米の球界でイチローの偉業を称えているわけなんですね。

かつて…?、今でも…?、球場のサイズの問題など取り沙汰して、王さんの868本塁打を単純に世界記録と認めない向きがあるようで淋しい限りですが、でも、イチローの記録を、こうして称えたMLBに、日本野球に対する評価や姿勢の変化が見られるのかもしれません。

日本時間の17日、セーフコフィールドで行われた<マリナーズ-エンゼルス>の一戦で、レコード・ホルダーである張本さんが見守る中で達成されたとの報道です。

前日の試合で張本氏の安打数に並び、しかもそれが満塁ホームランとは、人々の記憶にこれ以上深く刻み込むことはできないであろう、いかにもイチローらしい鮮烈な一発。

イチローは数々の記録を塗り替えてきていますが、「3086」の安打数はたいへんなことです。
その「たいへんさ」を肌で共有できない私らが、「たいへん」を口にする資格は無いのかもしれませんが、しかし、名たる野球人たちの重ねた数字と比較して、その「たいへんさ」を口にすることは許してもらえるでしょう。

昨シーズンの終わりには、あと3本と迫って、シーズン中には達成か…と注目を集め、その上で次のシーズンに期待を繋ぐ…。
シーズン記録ではピリオドごとに達成、未達成が問われるが、累積の成績は翌期へと、確実に期待を繋いだわけで、心憎い?


ともあれ、次なる記録の塗り替えは?
イチローに寄せる期待はつきることがありません。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。