南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寒の戻り

「寒の戻り」とは、言葉には聞きますが、ここ数日はまさに、そのとおりの天候です。

21日 10.5℃
22日  9.0℃
23日  5.9℃
24日  5.3℃

ここのところの最低気温を調べてみたら、体感を裏付けていることは顕著です。

サイトで調べたら、
「3~4月、再び寒くなること。一時的に冬型の気圧配置となりあらわれる…」
と、素っ気無い解説から

「寒の戻り(かんのもどり)とは春になってから一時的に寒さがぶり返すこと。春の季語で類義語に花冷えと余寒がある。中国付近で発生した低気圧が急速に発達しながら日本海を進む「日本海低気圧」によって比較的温暖になり南風が吹くが、その後寒冷前線が再び張り出すことによって北風が吹き、気温が急落する現象を指す。」(Wikipedia)

あるいは
天気図を表示して、ていねいに解説してくれているサイトもあって、なかなか読み物として面白い。

ただ、面白い…とも言っておれないのが、体感するこの「寒さ」です。

「花冷え」といえば、桜の花が咲く頃の冷え込みをいうのだそうですから、ここ数日の寒さは「花冷え」なのでしょうか?

この時季、行きつ戻りつしながら徐々に初夏に向かうという気候の変化に、人の心の移ろい、変化を写してみることができて、風情を感じます。

この辺りが四季の妙といえるのでしょう。

ともかく、初夏に向かう通過点と思えば、多少の寒さも心地よいですね。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。