南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月の猛暑日

以前には「猛暑日」という言葉は無かった? との記憶で調べてみました。

というのは、昨日のこと、6月だというのに猛暑日を記録したとのニュースを観てのことです。

定義としては、最高気温が35℃以上の日のこと。

だいぶ、一般的になってきている様子です。
それ自体、気象庁が2007年4月1日から使用を開始した予報用語だそうです。
その当時、11年ぶりの大幅な用語改正で追加されたうちの一つとのこと。

ちなみに25~29℃は夏日。
真夏日なら30~34℃。

おかしなもので、言葉の響きそのものから熱気の強弱が伝わってくるような気がしてなりません。

「酷暑日」なんていう言葉もあるそうですが、意味するところは同じ。ただし、気象庁で使っているのが「猛暑日」なんだそうです。
ちなみに、酷暑日はお天気キャスターの森田さんが言い出した…そう、彼のホームページに書かれていました。本人が言うのですから、間違いないでしょう。


ここで、ついでにと言ってはナンですが、参考までに載せてみました。暑い方は一通り載せましたので、寒い方を中心に。

真冬日 :
その日の最高気温が0℃未満の日

冬日 :
その日の最低気温が0℃未満の日

熱帯夜 :
夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が25℃以上のことで、気象エッセイストの倉嶋厚による造語だそうです。夜間とは、夕方から翌朝までなのでしょうが、じゃあいったい何時から何時までを夜間とするの? という点については明確な定義は無いそうで、他と違って難しそうです。

気象のメカニズムはともかくとして、気象用語にはたいへん興味深いものがありますね。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。