南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

集中豪雨

中国地方から九州北部にかけて、記録的な集中豪雨による被害の報道が続いています。
毎年のように、日本のどこかで、がけ崩れや鉄砲水の被害が出て、痛ましい光景をよく目にします。

当時、「岸辺のアルバム」という人気のテレビドラマがあって、東京は多摩川の洪水を織り込んで、ある家族の人間模様を描いた作品でしたが、「洪水被害」という実話をモチーフにしていただけに、迫力があった…とは、当時を知る人の感想です。

「友人のうちのTVで、多摩川の濁流に飲み込まれていく住宅を、リアルタイムで見ていた」
という方に会いました。

後になって見せて頂いた画像は、確実にどなた様かの「わが家」が濁流に地盤をさらわれ、一瞬浮いたと思った次の画像は、屋根の形をそのままに、ゆっくりと流されていく家の姿でした。

当事者の方の気持ちはいかばかりか。

さて、当地でも数年前には岡谷・辰野あたりで、被害が出て、高速道路の通行に影響が出た記憶もあります。

とにかく、雨に降られる地域や場所、そして降水量を避けて回るわけにはいきません。
となれば、一体何ができるのでしょう。

よくよく日頃から、避難場所や非常食のことなど、考えて対策をしておきたいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。