南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新型インフルエンザ

ここにきて、再び…というか、あらためてインフルエンザの流行が取りざたされています。
1医療機関当りの患者数では、長野県は上位を占めており、ダントツに高率を示している沖縄県はともかくとしても、
「ヘー、そうなんだ」
の実感です。

新型インフルエンザに罹って、ご不幸にも亡くなられた方もおられ、重症化の危険性が高い因子があったそうですが、ひとつの局面を迎えた感じもします。
診察を受けた医療機関で受けた簡易検査でも陰性の判定だったそうで、この時点で精密検査が受けられ陽性の判定があったならば、こうした結果にはならなかったのではない…と、専門家の方の見解が述べられておりました。

加えて、検査結果が陰性であっても重症であれば、抗インフルエンザ薬を投与する必要があったのではないか…とも。

重症化の可能性に関する広報も行き届いているのか? といえば、自身もこうした情報は持ちえず、何らかの治療を受けている方々に対しては、もう少し念入りな対応があっても、との感想です。

この真夏に、インフルエンザといえば、この秋、冬に向かって一層の不安が募ります。

決して喉元を過ぎたわけではないのですが、あの「マスク騒動」にまでは至らなくとも、手洗いやうがいなど、基本的な予防に努めることの必要性を痛感しています。


<完>


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。