南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シルバーウイーク

ゴールデンウイーク…といえば、言わずと知れた4月末から5月初旬にかけての、あの大型連休のことを指します。
それに呼応するように、これまでに「シルバーウイーク」という言葉は存在したそうなのですが、どうも定着という意味では今ひとつだった…。
ところが、今年を境ににわかに注目されている感があります。

それもそのはず、9月のカレンダーに赤い帯が出現したわけですから。

従来は、ゴールデンウイークを定着させた日本の映画界が、11月下旬の勤労感謝の日の前後を「シルバーウイーク」と称して、興行を打っていたそうなのですが、それが9月に移動してきた?

暦の並びの関係で、必ずしも安定的に9月に定着したものではなさそうで、当面は9月も11月もこう称するのだそうです。
ただ、9月に限ってみれば、今年ほどの絶好な休日レイアウトになるのは希で、今年以降、次にこうしたレイアウトになるのは、2015年とのこと。
ずい分先といえば先のことになります。

そうした意味では、以前に次のような構想があったそうです。
つまり、
①体育の日を11月1日に
②勤労感謝の日を11月5日に
それぞれ移すことによって、11月3日の文化の日と併せて秋に大型連休を作る…
2007年の5月に、当時の与党の自民党と公明党との間で検討されたとのことです。

※勤労感謝の日はそもそも旧くから伝統的な「新嘗祭」を引く祭事なわけで、これを移動するとなると、さて、すんなりといきますでしょうか?

しかし、今となっては両党下野して、さて、民主党政権ではこうした安定的シルバーウイーク構想が検討の場に上がることはあるのでしょうか?
まさか、その際に下野した両党が反対することはあるまいに?

国内消費の慎重を梃子に、景気浮揚と慢性的働きすぎ国民の休暇休養を目して、こうした話ならいち早く全会一致で実現して欲しいものです…ね。

ところで、今年のシルバーウイークをいかがお過ごしのご予定ですか?


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。