南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久々に蹴球のこと

ワールドカップ本大会への出場を決めて、なんとも緊張感に欠けるこの時期に、岡田ジャパンの欧州遠征が行われました。
結果は、オランダ戦<0-3>、ガーナ戦<4-3>と勝敗の面では5分と5分だったのですが…さて。

勝利したガーナ戦では、新聞の見出しに
「岡田ジャパン 後半怒涛の攻撃でガーナに逆転勝利」
と勇ましかったが、さてホントでしょうか?

一対一の局地戦では、アフリカの身体能力の前に、当り負け…、腰・尻を預けられてカンタンせり負けしている場面も。
ボールコントロールや試合運びの前に、フィットネス面に問題があるようにも見えます。

そもそも、もって生まれた体型や体格など、既に備わったベース部分から出発して鍛えていくわけなので、それもまでを改造することはできないでしょうが、やはり、そこら辺のパワーアップが必要なのでしょうね。

プロリーグで、自分を鍛えることが商売のプレーヤーが、さらにそれに磨きをかけるのは、並大抵のことではないと思いますが、やはり世界レベルではそれが求められるのでしょう。

ただ、サッカーの場合は他のスポーツとは異なって、例えば相撲体型やラグビーのフォワード体型、バスケットボール、バレーボールのように身長が求められる…、ゲームの特徴から体型による有利不利が明らかな競技とは少し異なります。

※ラブビーをやっている友人を指して「牛」と称していた頃のことを思い出しました。ちなみに、彼は今でも「牛」のままです。

単に「当り負けしないこと」だけがサッカーに求められているか…といえば、実際にはそうでもない。

まあ、さまざま外野はうるさいが、いずれにしても来年の6月を目標に、ぜひぜひフィットネス…特に下半身強化を期待したいものです。
バランス上、上半身も…ですね。
要するに全身鍛えて!

わざわざ言われなくても、分かってる…
そう、選手の皆さんには、勝手なお願いでした。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。