南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

勝ち癖、負け癖、ドロー癖

負け癖、ドロー癖が着くと、勝利の感触が遠のく…

誰が見ても間違いなく格下と言われる試合相手を迎え、しかも、相手は準備不足を言われ、ファイティングスピリットに問題あり…そんな相手チームであったとしても、結果は問われる。
勝ち方も問われる。

昨日のトーゴ戦はそんなゲームだったのでしょう。

サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップのこと。
宮城スタジアムで行われたこの試合ですが、日本代表がトーゴ代表チームにに5-0で快勝しました。

選手起用から布陣など、まず勝つことを前提に、テスト、テスト、テストの感じがして、真剣モードの練習試合のようだった?

注目は岡崎と代表2試合目で初先発の森本。
両名を2トップに置く布陣。点取りモードの予感がしました。

先のゲームで存在感を示した森本のアイスブレーク、代表初得点が期待されましたが、キッチリ結果を出してくれた…
岡崎はこの日3点で、負けじと存在感を示し、勝ちパターンを身体に覚えるには最適なゲームだったのではないでしょうか。

細かなところは調整不足、連係不足もありましたが結果オーライでしょう。

この先、日本は11月14日に南アフリカとヨハネスブルクで国際親善試合。
同じく18日には、アジア・カップ最終予選を敵地・香港で戦う予定です。

あと8ヶ月。
本戦ベスト4の目標はともかくとして、一戦一戦結果を出してもらいたいものです。

ガンバレ ニッポン


<完>
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。