南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おかしま

「正座」または「正座すること」を、当地では「おかしま」あるいは「おかしま・する」と表わします。
文字にするケースは一般的ではありませんが、お年寄りと話をしていると、ときどき耳にした記憶です。

使い方は…
「ちゃんと、おかしまして食べなッ!」
「おかしまできとるじゃ、えらいなぁ~」

それぞれの意味ですが
「きちんと正座をして(ご飯を)食べなさい!」
「正座ができて、偉いものだ」

仕事の現場では、当地の方に限らず、全国各地の方とお話しする機会が多いので、そんなときに敢えて「おかしま」という方言を遣う場面は皆無でしょう。

「おかしま」に限らず、各地から起こしになった方に方言の一端を披瀝しますと、その何ともやさしい当地の方言の響きに感心される場面が多々あります。
「かんな」
なんていう言葉などは、その代表格かもしれません。
意味も響きも、おそらく京都地方の
「かんにんな」
に通じるのでしょうが、「堪忍」という明確な意味を持った漢字を想起させてしまう一方で、「かんな」はさらにやさしく響くような気がします。

さて、
「おかしま」という方言は、大人の風景より、どちらかというと子供の風景を思い出すのはなぜでしょう。

先の用例も、大人の風景で使ったら、ちょっと違和感が漂いますが…。
思いつくのも子供の風景、それも子供と大人の風景です。

などと思いつつ、方言に包まれた環境が懐かしく。

当地の方言には、やさしい秋の陽射しが似合います。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2009年10月25日(Sun) 22:26


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。