南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハートのゴール

メッシのハートがゴールした!

TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップUAE 2009 のファイナルに見せたメッシの決勝ゴールのことです。

まさに薄氷を踏むとはこのことで、エストゥディアンテス(アルゼンチン)のファンの方には大変申し訳ありませんが、もうダメか! と思われた後半残り1分で同点に持ち込むという、まるで「筋書きを書いたような」ドラマチックな展開でした。

その上で、バルサが勝利する…というのが、原稿料の超安いシナリオライターによる筋書き…と思うのですが、その安っぽいストーリーのとおりになってしまいました。
たいへん失礼な言い方(汗!)をしてしまいましたが、でも…、ゲームの内容はとても濃いものでした。

エキサイティング!


90分守りきれなかった、その時点で既にエストゥディアンテスの勝利は無きも等しかったのかもしれませんが!

でも、それを確かにしたメッシの決勝ゴールは凄かった。

お世辞にも「ビューティフル!」とは言えない、でも、勝利への熱い気持ちが込められた、「ハートのゴール」でした。

ハートもハート、スローで観たら、メッシの胸でトラップした、いや、そのまま胸で押し込んだ、まるで彼のハートが押し込んだような、そんな気持ちのこもった凄いゴールでした。
(けっして、「美しい!」とは言えなかったけでども…)

結果は下馬評どおり、といってしまえばそれまでですが、
エストゥディアンテスの「ねばり」そして「巧者な試合運び」と、バルサの魂の勝利が印象的な、2009のTOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップUAE、ファイナルでした。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。