南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スピードスケート チームパシュート

先日に記したカーリングもそうですが、今回のバンクーバー五輪で
「こりゃ、面白い!」
そう思ったのが、スピードスケートのチームパシュートです。

パシュートはと記して、「追跡、追撃」という意味なんだそうです。

自転車のトラックレースでも行われる競技形態の一つなんだそうで、スピードスケートに限られるものではないようです。
「団体追い抜き」なんていう呼ばれ方もあるそうで、まあ「チーム・パシュート」のベタな訳ですね。

スピードスケートの場合に、1チームは3人で構成され(リザーブを1人として4名構成)。
男子は400mリンクを8周、女子は同じく6周。
これでタイムを競うのですが、チームの3人目がゴールでもってタイムを記録し、つまり、勝敗を着けるんだそうです。
今朝方、その準決勝・決勝が行われて、わが日本女子チームは、惜しくも銀メダル!

関心事として、当然にその結果のこともありますが、LIVE映像で流されるゲーム展開の、なんともエキサイティングなことかと!

月並みですが、ハラハラ・ドキドキ。

ブレードの先ほどの差でメダルの色の差を生じたわけで、決勝のことはもちろん、準決勝のドイツvs.アメリカも決勝と同じくくらい緊張と興奮をもたらしてくれました。

「面白い!」

このバンクーバーでは、男女混合パシュートの正式採用が議論されたとのことですが、見送られたようです。どうMixするのか興味深いところですが、今回を機に実の多くのファンを集めることになった…そう信じます。

惜しくも銀メダル、でも、立派な銀メダル!

次回に期待を繋ぎたいと思います。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。