南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エコカー補助金

自動車関係の方と話をしておりましたら、クルマの需要喚起とエコカーの普及を目的とする、いわゆるエコカー補助金の制度が延長になったとのことが話題になりました。

ご存知のことかもしれませんが、この1月末に2009年度第2次補正予算案が参院可決されたことを経て本決まりです。

骨子は、エコカー補助金制度は9月30日までの延長とのことです。
半年、期限が延びたわけです。
そもそも、エコカー減税はこの期間よりさきまで制度として決まっていますから、今回の話のテーマは「補助金」のことです。

エコカー補助金とは、
「経年車の廃車を伴う新車購入補助」(車齢13年以上の車を廃車し、一定の環境性能を有する新車を購入する場合に適用)、「新車購入補助」(古い車の廃車を伴わなくても、環境性能に優れた車を購入する場合の補助)の2つで構成されており、車種によって異なるものの、乗用車(登録車)であれば、前者なら25万円、後者では10万円の補助金を受けられるというものです。

経済対策として「平成21年度補正予算案」(平成21年度第1次補正予算)に盛り込まれていましたが、2009年4月10日~2010年3月31日の期間限定での実施となっていたものです。

補正予算のことがなければ、この3月末で制度はお終い…の予定だったわけです。

そんなわけで、この4月になって12年の年季を迎えるクルマのオーナーさんは、
「補助金が3月末まで…。残念ながら補助が受けられない」
とおっしゃっておられました。
が、先に延長が本決まりになったことを伝えたところ、すぐさま
「新車に乗り換える!」
と。

昨年の12月に、この制度延長に関する閣議決定があったことは報じられており、あとは国会を経て予算化されるのを待つ…そういった、期待を込めた観測があったもので、予ねてから心積もりはあったようです。

25万円という、けっして少なくない額の補助が受けられるか…、受けられないか…、その辺りが需要に及ぼす影響は小さくなく。
この低迷する景気を高揚させる、その起爆剤のひとつになって欲しいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。