南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

九十九夜

先日も書きましたが、立春から数えて八十八日目が…「八十八夜」です。

それに加えて、九十九日目にも呼称があって、「九十九夜」なのです。

立春から数え…という仕組みは変わりませんが、やはり、霜とは切っても切れない縁があるようでして。

「八十八夜の別れ霜」

でしたが、

「九十九夜の泣き霜」

と言うんだそうです。

奥深い…。

八十八夜を安全に過ごしたから…と安心していたら、その後に霜がおりて、農作物が被害に遭ってしまった!

差し詰め、今年なんぞはそれに当るのでしょう。

昨日、13日がその九十九夜に当ったわけですが、今朝も…連日にわたって霜の注意報が発令され、まさに「泣き霜」にならぬようご注意を…というわけです。

事後談ですが、遅霜どころか一部では降雪もあったそうですから、まだまだ農作物にとっては、まだまだ安心はできません。

連日の日中の晴天も、夜まで続くと風が穏やかで放射冷却の原因ともなるそうですから、晴れたからといって喜んでばかりもおられない…。

というわけで、別れ霜も泣き霜も、そろそろさよなら霜…といきたいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。