南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

土用・丑の日

明日は土用丑。

先日のこと、
「土曜日はうなぎを食べる日です」
という趣旨で、スーパーのチラシを見て笑ってしまいましたが、「どよう」は「どよう」でも暦のひとつ雑暦にある方で、冬の土用もあるんだそうです。

普段、「土用」といえば夏のそれを指すわけで、夏の土用にこそ「うなぎ」で精をつけましょう、夏を乗り切りましょう…となるわけです。

気になるのが「冬の土用」ですが、うなぎで町おこしを企画する岡谷では、冬の土用の定着に力を入れているそうです。夏は当たり前なので、冬の土用でもって二期作を…というわけです。

そもそも、土用とうなぎの結びつきは、あの平賀源内が一般に広めた…という説もあり、起源はコマーシャルだったと聴けば、先の「土曜日にうなぎ」のコピーも、笑い飛ばすわけにもいかず。

年52回の土曜日に全国でうなぎが消費されたら、それは迫力だとは思います。

それはさておき、土用の丑の日なものだから、「うなぎ」だけではなく「うし」も消費拡大の恩恵に与って、せいぜい夏バテに抗して精を付けて回っています。

例年にない猛暑・酷暑に辟易の今夏、さて明日は「うなぎ」にしますか「うし」にしますか?


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。