南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7人のコーチ

「七人の侍」、「荒野の7人」ではありません。
アルゼンチンのナショナルチームを率いたマラドーナ監督と同国のサッカー協会との確執のタネとなった、「7人のコーチ」のことです。

チームスタッフを誰が選任するか…。

確かに、2通りの考えがあって、

①監督も機能の一部として、全スタッフを協会が決める。
②協会は監督を専任し、あとは彼に全てを任せる。

折衷案もあるのかもしれませんが、アルゼンチンはさてどっち?

おそらく、マラドーナのような天才肌の個性的な御仁に監督を任せるとしたら、そりゃ自分の思い通りにならなかったら、協会と衝突をするでしょうに。

それを承知の上で協会が「7人のコーチ」をセッティングしてきたとしたら、別の意図が感じられてなりません。

今回のW杯ではドイツに敗れて結果は出せなかったけれど、ここまで彼のパフォーマンスでどれほど興奮させられたことか。

コーチは彼に選ばせてやりたかった…、ということは、監督を続けて欲しかった…。

勝っても、負けても、監督に栄誉や責任が付いて回る世界です。

監督と協会の関係は、いずれの国であっても難しい。

さて、わがニッポンの次期監督は?

コーチングスタッフは?

9月4日にパラグアイ戦が決まりそうです。

さて、W杯後の初のゲームに注目したいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。