南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大渋滞

昨年と違って、今年のお盆は例の高速道路1000円の適用が、カレンダーどおり土日に限られたので、14日、15日の両日にクルマでの移動が集中する!

今から「大渋滞」を心配するニュースがありました。

この大渋滞に影響するのが「財布の事情」ということになるわけですが、誰しも割安な道を、割安な日を選ぶことは避けられないことで、お盆の帰省・行楽は命がけです。

大渋滞に巻き込まれて、何時間もノロノロ運転するのでしたら、いっそのこと下の道を行く手もあるのでしょうが、果たして?

普段でも、遠出した際に走行中に「渋滞情報」が出ると、たとえ表示が5キロでも、10キロでも「あ~ぁ」の気分なのですが、それが30キロ、40キロともなると出る気も萎えてしまいます。

それが、今年のお盆は、仮に40キロと40キロの別々の…2つの渋滞がつながって、なんと100キロもの延長になる可能性もあるとかで。

渋滞の中の走行スピードは、平均して20キロ/時と言われています。
だから、渋滞の尻から先頭まで5時間かかる。

100キロといえば、例えば飯田I.C.から小淵沢あたりまで。この区間が渋滞するというわけではありませんが、ずっと国道を行ったとしても3時間もあれば到着します。

この距離感と単純に計算した所要時間との関係をどう考えるか?

全走行距離が100キロでしたら、上の選択肢もあるでしょうが、でも、例えば総路程500キロだったら…、やはり高速を選ぶでしょう。

ともかく、今週末はどう過ごされますか?


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。