南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月になれば…とは言ったものの。

お天道様のことは、誰がなんと言おうと、喧嘩にならないことは十分に承知の上で、やはり言いたいことは、たった一言…「暑い!」

そういった正直な感じを裏付けるように、最近では統計上のデータが発表されています。

なんと113年で最高の暑さ、というからには、大袈裟ではなく歴史に残る夏と言えそうです。

そうした歴史の生き証人なわけで、何年後かには

「あの年はすごかった…」

となりますかどうか?

異常気象といわれていますが、これが異常なのではなく、「通常」になりはしないか、という不安を抱えているわけです。

「あの年、2010年が始まりだったね…」

なんていう会話が現実にならないように、と祈るところです。

私たち人間がそんな異常を感じ、将来に不安を残している状態は、他の動植物についても、恐らく同じなのではないか…そう考える、コシヒカリが栽培される南限が北上し始めている…、ある品種のりんごの南限が、やはり北上し始めている、標高が上がり始めている…それら農家の方の話を聞きますと、大袈裟ではなく産業のあり方にも大きな影響を及ぼしかねません。

短期的に、夏に消費されるべき品物の売れ行きが好調だったそうですが、裏を返せば短い秋の商戦に与える影響はいかに?

と、まあ及ばぬ考えは尽きませんが、さらに続くとされる暑さとのガマン比べ!

皆様もお大事に。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。