南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

39.9℃

先日も9月になって、この陽気ならぬ酷暑のことを書きましたが、今日は「39.9℃」を記録したとの報道で、また驚いてしまいました。

人間様がこれだけ苦労しているのに、植物の中には酷暑を謳歌している(笑)植物があると…

暑さの影響でサトイモの花が咲いた…そんなニュースがありました。

サトイモなんて特別なものでも何でもありません。珍しくないんですが、「花が咲く」ことがまれなんだそうです。

9月1日の読売新聞には、東京都八王子市でサトイモに黄色い花が付いたことが報じられていました。こんなことがニュースになるんです。

さらに、花粉症に悩まされる皆さんは今から戦々恐々!

東京都には花粉症対策検討委員会というものがあるそうなのですが、この2日にこと、この委員会から来春の花粉の飛散数が例年より相当程度増えるという内容の予想が発表されました。

原因は、もちろんのこと今夏の記録的な暑さ。

スギやヒノキの花芽がよく成長することにあります。

今年の春の飛散数は、冬に雨が多かったことが影響したことなどで、過去10年間の平均の約4分の1にとどまったんだそうです。

それだけに、来シーズンとの差が激しい!

早めに受診するなどの対策を呼びかけています。

さて、私たちの体への影響は?

実感として、日中の高い気温は体に大きな負担。

熱帯夜が続いたせいで不規則な睡眠が続く…

体調を崩しやすくなる…

免疫力が下がる…

感染症などの病気にかかりやすくなる…

そんなことを心配する専門家の談話がネットに載っていましたが、他人事ではありません。

さて、「寒さ暑さも彼岸まで」といわれる秋の彼岸を間近に控えて、古くからの言い伝えに期待するしかありません。

その彼岸まで、あと2週間です。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。