南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祝・白鵬

イチローの10年連続200本に気を奪われていたら、こちらはとっとと千代の富士の大記録を追い抜いてしまったようです。

今晩のニュースで知りました。もちろん、今場所中にそうした記録達成が待っていることは知っていましたが、ここのところ大相撲が提供する他の話題に気が行きがちで、白鵬には失礼してしまいました。

聴くところによれば、「昭和に入ってからの記録として…」であって、それ以前には記録に残っている限り、50連勝、60連勝の記録は他にもあるんだそうです。

大相撲の歴史をどうとらえるかにもよりますが、少なくとも全日本国民が等しく情報を得られるようになって、つまり、新聞やラジオ、テレビなどで情報を共有し、その連勝の価値について共有できるようになってから…と考えると、やはり双葉山の69連勝と並べて考えるのが妥当でしょう。

ただ、年6場所で一場所15日間という現在のシステムと違って、双葉山の当時は、たしか年6場所で、場所も11日だったはずで、69連勝するには3.13年…つまり、足掛け4年を擁するわけで、スポーツ選手の4年間の捉え方にもよりますが、要するに現在とは環境がずいぶんと異なっていたわけです。

ただ、69もの勝利を連続して重ねた事実そのものは確かなわけで、それに迫る54連勝を重ねた(重ね続ける…)白鵬の業績もそれは大したものだと思います。

ただ、現在は一人横綱であって、少なくとも階位相当のライバルが不在なのは淋しい。

そうは言っても、すでに千代の富士を超え、いよいよ双葉山の記録を次なる目標に、ぜひぜひ大相撲を盛り上げて下さい。

がんばれ白鵬!


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。