南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一旦停止

唐突ですが、クルマの運転中の一旦停止は大事です。

というのは、知人がたいへん怖い目に遭った…という話。

いつも通いなれた丁字路で、本線に出る細い路地側は一旦停止義務の標識があることを百も承知の知人。

前方、本線似れるべく路地を走行するクルマを見て、当然に一旦停止する「だろう」

ところが、予想に反して…多少スピードは落としたのでしょうが何ら止まる気配も無く、そのクルマはスーッと交差点に入ってきたのだそうです。

正確には「一時停止義務」というらしいのですが、あの赤い逆三角に「止まれ」の標識です。

取締りしていることで有名な交差点はいざしらず、結構、あの標識を見落とす人が多いとか。

また、止まりはしないものの、スピードを落として、ソロソロと出てくるクルマや止まりはするものの交差点の手前に引かれた停止線をオーバーして止まる…先の例ももちろんですが、全部、一時停止義務違反なんだそうです。

「そうです」とは他人事みたいですが、言われてみたらそのとおり。教習所だったらキッチリ、減点対象。

停止線を超えることについては、見渡しのいいところまでつい出てしまった…という理由が多いようですが、よれにしても、一旦は停止線にキッチリ止まって、そこから見渡しのいいところまでゆっくり進めばよろしいいわけで、安全運転という意味では、とにかく忠実に義務を履行することのぽか無いようです。

あと、「止まれ」の標識は掲げられていなくても、見通しが悪いので、安全走行のためには止まらざるを得ないような交差点もあります。

ほんとうなら、安全運転に対する認識に個人差などあってはならないと思うのですが、たかが一時停止などと言わずに、こうした基本的な安全行動から実践したいものです。

お気をつけ下さい。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。