南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

斉藤フィーバー

言わずと知れた、北海道日本ハムファイターズの斉藤佑樹選手のこと。

新たなヒーローの誕生とは、こうした導火線のようなものが存在するんだと、あらためて痛感しました。

もちろん、ヒーローと記す以上は、野球本来の現場で結果を残してこそのことと思うのですが、しかし、それを理解したうえでも、彼にはそれを予感させる「何か」があります。

かつて、これほどの「フィーバー」があったか…? 遡って考えても、さて? 思い当たらない。

2軍キャンプでこれですから、1軍に上がったりしたら、さらに加熱するに決まってます。

西へ東へ、南へ北へ…と、彼の移動、いや、本来はチームの移動なのでしょうが、これに伴って熱心なファンたちの大移動が始まる予感です。

ところで、野球本来の実力は如何なものなのでしょうか?

甲子園、そして神宮と、残されてきた実績は、それはそれで大したものですが、果たしてプロの世界でどの程度まで通用するものなのでしょうか?

同時期に甲子園を湧かせた田中投手が残してきたプロでの実績を考えると、斉藤投手にも同様の可能性が秘められている…そう考えられると思うのですが、さて、そこはプロの世界でのこと。

不安をでもありますが、活躍に期待したいものです。

そんなわけで、ここ暫くは球場外でのファンのフィーバーぶりに関心を奪われ続けそうな雰囲気です。

がんばれ斉藤君…あえて「佑ちゃん」ではなく。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。