南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

白鵬の強さの秘密

千秋楽、結びの一番、すでにこの場所の優勝を決めている横綱白鵬でしたが、この取り組みに彼の強さの秘密を見た気がしました。

取組の相手は大関魁皇。

その秘密を垣間見た場面とは、すでに勝敗が決した後に見えたのです。
「駄目押し」するどころかそっと手を添えるように、魁皇の身体を支えるかのように、敗者を労わるかのように…静かに結びの一番を取り終えたのです。

きっと、そう感じた方も大勢いらしたのでは…

ここで過去の取り組みを1つ。いくら強いと言ったって、こんなこともあります。



怪力で豪腕を鳴らす猛者が、実は平素、非常に心優しい…なんていう話は昔話の世界だけではなく、実際の勝負の世界にもあったのですね。

おそらく、この取組のほかにだって、対戦するお相撲さんの組み合わせを異にしたって、同じような場面はあったのかもしれませんが、改めて優勝力士の最後の一戦から受けた印象なだけに、余計に心に刻まれた…? なんて思ってしまいます。

さて、この先、白鵬の連続優勝記録はさらに積み重ねられるのでしょうか? おそらく、その可能性が大きいでしょう。

連勝記録だけではなく、連続優勝記録も、そしてゆくゆくは最多優勝の記録までも塗り替えるようなことにでもなったら、平成の大大横綱の称号は間違いありません。

白鵬の強さの秘密をココに見たり。

しばらく「白」の時代が続きそうです。


<完>


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。