南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

安全神話

「神話」とは

ウィキペディアによりますと…

「人類が認識する自然物や自然現象、または民族や文化・文明などさまざまな事象を、世界が始まった時代における神など超自然的・形而上的な存在や文化英雄などとむすびつけた一回限りの出来事として説明する物語…」と、さらに続きます。

ここに日本の「安全神話」という言葉があります。…ありました。

ところが、今回の大地震や大津波という天変地異に原因する原発の事故をきっかけに、それが崩れつつある…そんな報道が目だってきたように感じます。

現実の世界と「超自然的」な神話の世界とを、そもそも結びつけて、現実の世界にある原発の「安全性」について物語を作ってしまった…それこそが「安全神話」なのであって、やはり神話は神話でしかなかった…そう思わざるを得ません。

神話の世界に私たちの安全を100%委ねていたのか? そう考えると、必ずしも100%ではなかったでしょうが、でも0%ではなかった…そう思うと、今回の顛末を見守ると同時に、今後のことを神話の世界のこととしてではなく、現実の世界の「安全」として考えてみないといけないでしょう。

なにか、大変なことが起こりそうな不吉な予感がします。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。