南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

竜巻

竜巻というと、「オズの魔法使い」、「虹の彼方に」(原題: Over the Rainbow)を連想してしまいます。

気象現象として、わが国ではあまり馴染みのない…そんな気がするのですが、それだけにアメリカの竜巻被害のことは、衝撃的です。

150個もの竜巻が発生し、亡くなった方が300人を超える…そんな報道に接して、いずこも自然災害の脅威には為す術が無い…正直な乾燥です。

さらに、その被害は原発にまで及んだとのこと。

先の地震と津波による原発被害のことを連想してしまいました。こちらも、外部電源が一時的に失われ、つまり停電してしまったことによる影響。予備のディーゼル発電設備が稼働し始めたことで、福島の例のような最悪の状態には至っておらない様子ですが、自然現象による直接的な被害だけではなく、二次的に引き起こされる災禍、悪影響の大きさは文明化の象徴なのでしょう。

おそらく5~60年前には、被害のことなどに考えも及ばなかった…心配の種そのものが無かったわけですから。

ただ、わが国でもまったく竜巻の被害が無いわけではなく、発生数そのものは少なくても、いったん発生すればその規模とその通り道となった地域の様子によっては、人的、物的に大きな被害を及ぼすわけで、けして軽んじるわけにはいきません。

そうした背景からでしょう、気象庁と内閣府が、パンフレットとして「竜巻等突風災害とその対応」を作成したんだそうです。

竜巻などの突風からの身の守り方、個人レベルでできる具体的な対策のことなどが書かれています。

リンクを記しておきますので、ぜひ参考になさってみて下さい。

 ⇒ 「竜巻等突風災害とその対応

その中に、過去に発生した竜巻の分布図があり、よく見ると当地にはその表示がないことから、取り敢えずは安心の地域なのだと思うのですが、まあ、用心に越したことはありませんね。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。