南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ITSスポット

ITSスポットをご存知ですか?

これまでETCやカーナビのVICSなどのITSの機器は、それぞれバラバラな働きをしているにすぎなかったのですが、それらを1つにまとめたシステムが、この3月からサービス開始となったそうです。

それが、ITSスポット。

ETCやカーナビのサービスが一体化したもので、クルマと道路に設置されたアンテナとが更新して、さまざまな情報を運転する人まで伝えてくれる。

広域の交通情報の提供や安全運転を手助けしてくれるんだそうで、どんなものか確認してみました。

広域の交通情報については、これまでのVICSが都道府県単位だったのに対して、新しいシステムはまさしく”広域”なんだそうです。

近県の情報や、例えば東京⇔名古屋間だったら、東名と中央道の、それぞれの所要時間を提供してくれたりと、たしかに便利そうです。
逆に言えば、これまでの情報が都道府県単位だった・・・ということが信じられないくらいです。

道路なんだから、行政の境なんか関係なく延々と続いていくわけで、当然と言えば当然のシステムになったと言えそうです。

また、安全運転に必要な情報の例として、例えば・・・高速道路上にある落下物への注意を喚起したり、渋滞スポットの情報など、随時、最新情報がアンテナから送られてくるので、安全運転に役立つ・・・というわけです。

全国の1600箇所にスポットが設けられ、利用するにあたっては、対応する機器を車載する必要があるんだそうです。

残念ながら、これまでの機器は非対応。
お金が掛かるようにできているんですね(笑)

ただし、利用するにあたっては、無料ということなので、まあ、こうしたサービスに対応する新型の機器の普及を待って、徐々に拡大していくんでしょう。

機器についてはディーラーさんなどで事前に登録する必要もあるとのことで、まあ、この辺りはこれまでのETCも同じことなので、致し方ないでしょう。

というわけで、普及するにはそこそこ時間が掛かりそうな雰囲気ですが、とにかく期待しつつ見守ることにしましょう。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。