南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

HVとEV

ハイブリッドのクルマの隆盛が言われて久しくなります。

最初のうちは、なんと静粛なクルマかと、驚いたものでしたが、そのうちに背後に近づいても気づかない・・・とか、その静かさがゆえの功罪がささやかれるようになりました。

たしかに静かです。

そこに、EVが加わって、こちらはガソリン・エンジンを搭載していない分だけ、さらに静かなわけで、聞いたところでは、さらに気づかないとも。

そこで、わざわざノイズを発生させて…、ノイズ・雑音という言い方は不穏当かもしれませんが、言い換えれば「安全音」を発生させて、とくに歩行者に気づかせる努力をしているんだそうです。

ところが、今日では…というより、かなり以前から、ヘッドホン、ヘッドセットを耳に、街を歩く、自転車に乗る人が増えて、そうしたHVやEVの静粛性の問題とは別のところで、音による安全確認の妨げになっている問題が起きています。

いずれも音に関する問題ですが、あるテストでは、携帯型の音楽プレーヤーを通常使用する音量で聞きながら、トラックの走行音を確認したところ、トラックの音は「聞こえなかった」というのが、明らかな結果だったそうです。

音量を控えるか、そもそも歩行時や自転車運転時に音楽を聴きながら…は避けたいものですね。

と、話は元に戻って、HVやEVにおいても、原因は異なるにせよ音による安全確認や注意喚起に問題がある点では同じこと。

ノイズを発生させる云々の対策は別にしても、ドライバーとしては歩行者の脇を東リ抜けるときは、細心の注意を要することに変わりは無いようです。

HVやEVならましてのこと、ガソリン・エンジンのクルマであったとしても、同様の注意をしたいものです。

また、常にドライバーの立場にいるわけではなく、歩行者としての自分もいるわけで、歩道を歩くとき、横断歩道を渡るときなど、十分に注意したいものです。

最後にノイズといってもなんでもいいわけではなく、騒音とならぬよう、安全に最低限度の音にしていただきたいものです。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。