南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

停電

改めて電気のことを意識した今晩の停電でした。

ここのところ、夕立気味の天候でしたが、今日も時々強く降ったり、雷が鳴ったりして荒れ模様でした。

新潟・福島の方面では、大雨による災害のこともあって、当地だけのことではなかったのですが、輪をかけて停電まで。

おそらく、変電施設か何かに落雷があったのでは、と思うのですが、いきなり「パシャ」っと電気が落ちて面食らってしまいました。

計画停電とかで、いついつの何時から・・・と分かってでもいたら、心の準備というものがあろうかとも思うのですが。

しかし、晩になってからの停電は、もろ灯りに影響しますので、影響が大きい。

加えて、昼夜を問わず、今日では冷蔵庫やエアコン、あるいはコンピュータと、常時、稼動しているさまざまな電気・電子機器がありますから、そちらへの影響も大きいものがあります。

知人と話していたら、家の中のLANに影響があって、なにやらバックアップ用のハードディスクに、一時的にでもアクセスできなくなってしまった、とか。

大切なデータ、思い出の写真やビデオのデータなど、今日では大量かつ大容量になってきているので、たいへん心配です。

先の友人の場合には、何かの装置を再起動して事無きを得たそうですが、普段に一般の家庭でそんなことが起きたら、さて、そんな風に原因を特定して、自力で回復できるのでしょうか、ちょっと疑問です。

ここのところで、よく「クラウド」なんていう言葉を聞くことがあるんですが、友人曰く

「データもアプリも要らない、PCやスマフォがネットにつながっていさえすればイイ」

なんて、訳の分かったような、分からんようなことを説明してくれました。

今、どんどんそんな時代に突き進んでいるんですね。

こうして利用させてもらっているブログの仕組みにしてみても、文章は入力しますが、データやそもそもそのデータを決まりよく表示する仕組み自体は、自分のコンピュータには入っていなくて、ただネットにつながっているだけ。

ですから、今回の停電でも、先の友人のような悪影響は、とりあえず無かったわけで、なんとなくですが「クラウド」のことが意識できたような気がします。

停電のお陰というか、そのせいでクラウドの話になってしまいましたが、変な時間を指しているコンセントにつながったデジタル時計の時刻を直しながら、いろいろと便利なようでいて、一旦、何かが起こるととても面倒な世の中だな、と思いました。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。