南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なでしこ 国民栄誉賞

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった方に対して、その栄誉を讃えることを目的」とする「国民栄誉賞」ですが、このたび、あの「なでしこ」がチーム、団体としての初受賞! おそらく、誰一人として反対の声が上がることはないでしょう。

本当におめでとうございます。

これまでに受賞した方々を調べたら、次のようなそうそうたる名前が挙がりました(敬称略・受賞順)

王貞治
古賀政男
長谷川一夫
植村直己
山下泰裕
衣笠祥雄
美空ひばり
千代の富士貢
藤山一郎
長谷川町子
服部良一
渥美清
吉田正
黒澤明
高橋尚子
遠藤実
森光子
森繁久彌

ただ、受賞の時点で存命の方は18人中の7人の方。11人の方々は没後の受賞だったそうです。でき得ることなら存命中に...と思ってしまいます。

で、居並ぶ名前はスポーツ界、芸能界からに多く見られ、そもそもそういう性格の賞なんだな、とあらためて思いました。

さて、話題をなでしこに戻して...先日、凱旋帰国して以来、引っ張りだこのなでしこたちですが、メディアの取り上げ方は好意的を通り越して過熱気味。裏返せば、これまで彼女たちに注目が集まっていなかったことを示すもので、これでやっとのこと原点復帰。ここから本当の評価が始まるような気がします。

練習風景の見物客がウン百人とか、過去最高の観客動員数記録を更新...などなど、おそらく、これまでにサッカーにさえ目を向けていなかった、いわゆる「真性なでしこファン」を生み出したにちがいありません。

さて、まもなくオリンピック予選が始まり、この祝賀ムードもそろそろにしませんと。
まずは、予選突破。
厳しい競技日程はいずれのチームにも同じこと。

その先の本大会では、ぜひともの優勝を!

多くの国民の期待を背負って、でも、萎縮しないで、のびのびと!

がんばってください。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。