南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

外連

今日のテレビで「外連」ということを言っていました。

「ケレン」と読みます。

「外連味がない」なんていう使い方をしていますね。

そもそも、外連味とは「わざとらしい誇張」というようない意味なわけですから、それが「無い」ということは「わざとらしくない」、「ハッタリや誤魔化しがない」、つまり「正統的な」というような意味合いで用いられますね。

元を辿れば、演劇や歌舞伎で用いられる用語からだそうです。

ネットで調べてみたら、特に歌舞伎の世界で、宙乗りをしたり屋台崩しや田楽崩し、早変わり、引き抜きなどの派手で大がかりな仕掛けのことを指すんだそうです。

それぞれの仕掛けがどんな内容なのか、演出なのか、よく分かりませんが、でも、その文字の並びからして、なんとなく楽しそうな、妙で意外な感じを受けます。

と、ここまで書いて何の話かといいますと、お化け屋敷のルーツが「歌舞伎の仕掛けにある」という話に繋がるんですが、夏の涼を呼ぶ歌舞伎の演目として、その演出が出し物として「お化け屋敷」に用いられた…というのが、専門家の方の解説でした。

なるほど、怪談話や妖怪変化など登場する場面を切り取って、暗い屋敷に並べたら、たしかに「お化け屋敷」ですね。

お化け屋敷でほんとうに涼しくなれるのか、好き不好きもありますし、第一、気絶してしまうようでは、涼しいどころの話ではありませんし(笑)

と、まあ、いろいろな話になりましたが、肝心なのはこの猛暑を乗り切る、ずっと古くからの工夫。

この暑さも、いいところ、あと1週間~10日。

なんとかして、元気に乗り切りましょう!


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。