南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いよいよ夏も終盤かな? 日大三校・祝優勝

今日、夏の高校野球が無事終了。

日大三校の優勝で幕を閉じた甲子園ですが、同時に夏の幕引きにも一役かってくれるかな? と期待です。

10年ぶり2回目の優勝なんだそうで、おめでとうございます。

たいへん残念でしたが準優勝の光星学院も天晴れ!

試合は、11対0と、点差の上では一方的な感じがしましたが、でも、高校生が繰り広げる青春野球...一方に勝者があれば、一方に敗者あり。

東北勢として春夏通じて初めての優勝を目指しましたが、及ばず...でも、この先にチャンスが無くなったわけではありません。

歌の歌詞にもあったと思いますが、予選、本大会を通じて、敗れ去っていった多くの高校も、負けた数は「たった1つ」だけなんですね。

優勝チームは、このたった1つの負けが無かっただけ、そんな小さな差なんだと...そう考えれば、準優勝はたいしたもんですね。

光星学院...東北勢...再チャレンジ! がんばって下さい。

この閉会式では、日本高野連の会長さんが

「東北勢の戦いぶりは被災地に元気と勇気を与えた」

と賛辞の講評、いいですね。

日大三高がある東京都町田市、JR町田駅辺りでは午後1時を回ったころから、新聞の号外約1000部が配られたり、地元を挙げての祝賀ムードが伝えられていました。

どこも、おらが代表に送る温かい応援の気持ちは変わらないんですね。

いつもの年の決勝戦のような、ギラギラ感が無くて、落ち着いた決勝戦。

開始時間が9時30分だった、ということ以上になんとはなく雰囲気のある大会でした。

みなさん、お疲れ様でした。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。