南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

涼しい夏の朝

ここのところの雨で、めっきり涼しさが益してきた南信州です。

人と話をしておりましても、「涼しいね」を通り越して、「寒いね」。

昨日のうちから、半そでじゃなくて長袖が欲しいし、寝具も夏掛けからお布団へ!

そんな一気の変化です。

このまんま、まったく暑さが収まってしまうとは思えませんが、でも、気分的には既に峠を越えた...そんな感じがしています。

昨日の甲子園の野球が終わったこともそうですし、南信州ではこの週末を皮切りに、各地で秋のお祭、そして花火大会が目白押しです。

と、地域のポータルを見ておりましたら、花火大会の案内が載っていましたので、リンクを挙げておきます。

ぜひ、参考として下さい。

http://www.ii-s.org/tokusyuu/hanabi.html

さて、6月の下旬には東日本で広範囲で真夏日を観測したとの記録。6月22日のことでした。

今年の夏は、例年と違って電力の供給と需要について、大きな関心が集まりました。

東北電力と東京電力管内の電力需要のことはもちろん、全国的に節電ムード、そして、ピークカットが叫ばれ、この時期まで乗り切ったことを考えると、ある意味で取り組みは成功だったと言えるのでしょう。

緊急にしろ計画的にしろ停電の事故が無かったことは、何よりのことです。

ただし、消費電力の総量が減ったことにより、生産ラインに与えた影響は大きいわけで、失った利益の回復は今後の大きな課題となっています。

そんなわけで、数々の話題を抱えながら2011年の夏が過ぎ去ろうとしています。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。