南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

果樹農家さんにて

先日もこのところの涼しさについて書きましたが、どうも様子がおかしいようです。

当地で桃や梨、秋になればリンゴなど、手広く果樹園を経営されている農家さんに伺ったところ、どうも、この夏の様さからだけではなく、すでに4月ころから、農作業や収穫に影響がありそうな、いわゆる天候不順による遅れがあったとのこと。

昨年のように、お日様がカンカン照りのような状態では、いくら晴れているとは言ったって、決して作柄に言い訳でもなく、かと言って今年のようでも...となかな天候に対する要求には厳しいものがあります。

その上で、ときどき農作業に影響が無い程度に雨が降ってくれると、体が休められてイイ…
なんとも正直な感想なんだと思いますが、微笑ましい限りです。

その農家さんからは、少し柔らかくなって、送ったり市場に出したりできない分でよければ…と、たくさん分けてくれました。見た目に、あるいあh、触った感じが少し柔らかいくらいで、味には何らの影響が無いわけでして、とても豊かなモモ・ライフを送らせて頂きました。

そのモモはアカツキという種類だったとのこと。

例年比で5日~1週間程度、遅れていたとのことです。

ただ、盆を過ぎてやっと落ち着いたとのこと。ですが、やはり同じくらいの遅れが出ている川中島白桃が盛りを迎えて、またまた忙しくなっているんだとのことでした。

聞くところによれば、川中島白桃には袋掛けをするんだそうで、北の方では素肌のままらしいのですが、当地では一手多い?

その分だけ、無袋より肌がキレイなんだとか。

お化粧みたいなもんで、今度、2つ並べて比較してみたいくらいです。

そう言っているうちに、今度は梨のシーズンが始まるわけで、その農家さんも暫らくの間は雨の日を除いて、気の休まることがなさそうです。

というわけで、ここのところのおかしな天候が、さらに悪さをしなければいいのですが。

涼しく過ごせるとは言いつつも、少し心配です。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。