南信州・遠山の保険屋さん便り

南信州は遠山郷の損保・生保代理店M&Mトオヤマです。姓は遠山、生まれも育ちも遠山にです。皆様には親子2代で大変お世話になっております。さあ、ここは2代目遠山の見た遠山郷の話題を中心に日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薄氷を踏む...2014ブラジルワールドカップ・アジア3次予選

FIFAランキングでみたら、15位 対 114位 その差が100近くもある両国ですが、それを感じさせないゲームでした。
北朝鮮はランキングほど弱いチームではありませんでした。むしろ、粘り強さを感じさせました。

今晩、埼玉で行われた北朝鮮戦が行われました。

日本チームは8月10日に札幌で韓国代表チームに3-0で勝ちましたが、こちらは歴史的な勝利。

ここのところ、日本サッカー界はアジアの盟主といった自信に溢れ、ファンも北朝鮮には難なく勝てると楽観していたようです。

その、余勢をかって、今晩の試合は楽勝かな? というムードがありましたが、直前に主力メンバーを欠いて、そうとも言ってもられない。


冷静な日本サッカー専門家さえも「スコアに関係なく7対3で支配するゲームになるだろう」とバラ色の予想を出していた。

それを裏付けるかのように、ロスタイムに入ってからの終了直前の決勝ゴール。

ヒヤヒヤでした。

香川のミドルシュートがゴールポストをわずかに外れるなどツキも無かったけれど、この先こんなんで大丈夫かな?

最後はCKからの連続プレーで吉田が得意のヘディング決勝ゴールが炸裂し、なんとかなったものの、ほんと薄氷を踏むとなこのことです。

勝つには勝ったけれど...さて、次のゲームが問題です。

明日はなでしこが五輪予選で韓国とのゲーム。

9月早々、忙しいサッカー界です。


<完>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。